주요 기사 바로가기

ウォン相場2カ月ぶりに1200ウォン突破…FRBの緊縮予告が影響

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.06 11:30
0
6日のウォン相場は取引開始と同時に1ドル=1200ウォンを突破した。

この日午前9時1分現在、ソウル外国為替市場でウォン相場は前日終値より3.90ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1200.80ウォンとなった。

為替相場は前日終値より4.00ウォンのドル高となる1200.90ウォンで取引を開始し1200ウォン台で推移している。

為替相場が取引時間中に1200ウォンを超えたのは昨年10月12日の1200.40ウォンから2カ月ぶりだ。

米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)の早期緊縮予告でニューヨーク証券市場が急落し危険資産回避心理が大きくなった影響を受けた。

FRBは前日公開した12月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で「これまでに予想したよりさらに早期、もしくは速いペースでの利上げが正当化される可能性がある」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP