주요 기사 바로가기

文大統領「水曜集会30年、慰安婦問題を世の中に知らせ…苦労した方々に感謝」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.06 06:52
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が5日、「日本軍性奴隷制問題解決のための定期水曜デモ」開催30周年を迎えて「勇気を出して日本軍慰安婦問題を世の中に知らせ、また1525回目の水曜集会に至るまで長い間一緒にしてくださったすべての方々はご苦労が多かったと思います」と述べて感謝の気持ちを伝えた。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官はこの日午後、ブリーフィングを通じて文大統領がこのように述べたと伝えた。

水曜デモは1992年1月8日、宮沢喜一当時日本首相の訪韓を契機に「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は毎週水曜日にソウル鍾路区(チョンノグ)の旧日本大使館の近くで旧日本軍慰安婦問題に対する謝罪と補償を求める集会を開いた。

文大統領は就任後、繰り返し「被害者中心の問題解決」という原則により、旧日本軍慰安婦問題に対する意志を強調してきた。

青瓦台の核心関係者は韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協、正議連の前身)補助金・後援金流用容疑などで起訴された尹美香(ユン・ミヒャン)無所属議員には言及しなかった。この関係者は「ご苦労が多かったと話した対象に尹議員も含まれるのか」と聞かれると「(水曜デモには)若い学生からさまざまな各界各層の国民が出席された」と話して即答を避けた。

尹議員は2020年正義連会計不正問題が浮上した時も党籍を守っていたが、昨年国民権益委員会が与党議員を対象にした不動産疑惑全数調査当時、投機疑惑が大きくなり党から除名された。この日、国会倫理審査諮問委員会は尹議員に対する議員職除名を国会倫理特別委員会に建議することに決めた状態だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「水曜集会30年、慰安婦問題を世の中に知らせ…苦労した方々に感謝」

    2022.01.06 06:52
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP