주요 기사 바로가기

韓国銀行「GDP、日本2~3%・中国5%台に成長するだろう」

ⓒ 中央日報日本語版2022.01.03 12:03
0
韓国銀行が日本と中国のGDP見通しを予想した。

2日、韓国銀行は「海外経済フォーカス」で「昨年、中国経済は電力難などで成長の勢いが鈍化し、日本経済は10月以降次第に改善されている」とし、日本の2~3%のGDP成長と中国の5%台のGDP成長を予想した。

日本経済は今年情報技術(IT)関連のデジタル製品を中心に輸出増加傾向が続き、設備投資、民間消費も回復してゆるやかな改善の流れを維持するものと分析した。また、失業者数が減少して賃金は次第に上昇するとも見通した。

日本政府の通貨政策は相当期間緩和基調を継続し、長短期金利運用の目標を来年末までに現行水準(短期金利マイナス0.1%・長期金利0%)を維持することと韓銀報告書は予想した。

中国のGDP成長率は昨年(8%前後)より低い5%水準を記録するものと予想した。2月北京オリンピック(五輪)を控えて強力な防疫措置を取り続けている恒大事態で不動産市場が振るわないなど、上半期に成長の勢いが鈍化する可能性が大きいということだ。

報告書は「中国政府は経済成長の勢いが鈍化するものと予想されるにつれ、財政政策の支援水準を高めて通貨政策は安定的に運用するものとみられる」と伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP