주요 기사 바로가기

韓国、日本の「失われた30年」の踏襲避けるには

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.28 11:04
0
われわれはしっかりと準備されていない政策が国民の暮らしにどれだけ大きな負担と苦痛を抱えさせるのか十分に経験した。そのため次期政権は同じ失敗を繰り返してはならない。先に述べた手にあまる時代的課題から国民の安寧をどのように守るのかに対する真剣な悩みが切実に求められる。

次期政権が直面する課題を解決するための必須条件は国民の負担と便益を再調整することであり、選挙はこれに対する国民の合意を導出する過程だ。われわれがある候補を選ぶ理由はその候補が国民に約束した負担と便益の組み合わせを選択したためだ。候補らが国民に何らの負担と苦痛を要求せず「100兆ウォンばらまき」「無条件解決」または「黙って政権交代」だけ公約するならば、それはそれこそ空手形を公約することだ。

次期政権が世紀的転換期の時代課題にまともに対応しないならば、韓国は戦略的転換点で悪循環のルートにはまるのは明らかに見える。この30年間の日本経済が見せたものと同じ沈滞の道を踏襲してもいいものか。

これに対し次期政権が過去の政権が20年近く目をそらしてきた構造改革を断行し、韓国経済を好循環構造に転換する場合、韓国経済は世界4位の製造工業国にそびえ立つことになると予想する。そうするためにどのような改革をどのように推進し、国民にどんな苦痛分担を要求するのかに対する代案を競争する大統領選挙にならなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP