주요 기사 바로가기

ジェット・リーもファン・ビンビンのように消えるのか…中国「外国国籍者を明記しろ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.24 07:40
0
中国が、ドラマの中の俳優・スタッフのうち外国国籍を持っている場合、紹介字幕で国籍を明記する方案を義務化した。いわゆる「黒い頭の外国人」を引きずり出すということだ。

22日に中国広電総局が公開した「ドラマ製作規範」には、ドラマの最初または最後に登場する紹介字幕に、外国国籍の出演者・スタッフの国籍を表記させる内容が入った。台湾・香港・マカオに籍を置く場合も該当の地域を表示させる。

中国放送局はすでに自主的に出演者の国籍を表記する場合が少なくなかったが、今後は義務化されるということで外国国籍や台湾出身の芸能人の中国内の活動制約につながるのではないかという見方が出ている。

 
専門家は、今回の措置もまた中国大衆文化界の「整風運動」の一環として見ている。これに先立ち、中国当局は社会的物議をかもした芸能人を相次いで芸能界から追い出して芸能界の規律を正そうとしてきた。その始まりはファン・ビンビン(范冰冰)だった。ファン・ビンビンは2018年に脱税容疑で8億8300万元(約158億円)の罰金を科された。

最近では有名女優ジェン・シュアン(鄭爽)に対して、中国税務当局は高額の出演料を受け取りながらも隠していたという容疑で罰金22億9900万元の支払いを命じた。また、ドラマ『還珠姫 ~プリンセスのつくりかた~』や映画『レッドクリフ』などに出演したトップ女優のヴィッキー・チャオ(趙薇)も脱税疑惑などによって姿を隠した。中国当局はまた出演者の思想や道徳関連の厳格な基準も設定した。いわゆる「習近平思想」を叩き込むようにしたのだ。

今回の措置を通じて、外国国籍の芸能人を整風運動の次のターゲットとしたという分析だ。これまで中国では「いつの間にか」外国国籍を取得した俳優が中国で活動して高額の出演料を受け取ることに対する批判世論があった。

一方、『ムーラン』のリウ・イーフェイ(劉亦菲)をはじめ、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』『スウォーズマン 女神伝説の章』などで有名な香港アクションスターのジェット・リーをはじめ、チャン・ティエリン(張鉄林)、ウェイウェイ(韋唯)、スン・イェンツー(孫燕姿)、台湾のワン・リーホン(王力宏)、ウィルバー・パン、チャオ・ユーティン(趙又廷)らが外国国籍を保有している。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ジェット・リーもファン・ビンビンのように消えるのか…中国「外国国籍者を明記しろ」

    2021.12.24 07:40
    뉴스 메뉴 보기
    映画『ムーラン』に出演したリウ・イーフェイ(劉亦菲、左)と映画『英雄 ~HERO~』に出演したジェット・リー。[中央フォト]
    TOP