주요 기사 바로가기

韓国大統領支持率、李在明35%・尹錫悦29%…格差2%p→6%pに開き

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.23 16:43
0
李在明(イ・ジェミョン)共に民主党大統領候補が大統領選挙候補の指導で尹錫悦(ユン・ソクヨル)国民の力候補を6%リードしたという世論調査結果が出た。

世論調査事業者エムブレインパブリック・ケイスタットリサーチ・コリアリサーチ・韓国リサーチの4社が成人男女1000人を対象に今月20~22日に実施し、23日に発表した12月第4週全国指標調査(NBS)「大統領候補支持率」の結果、李候補の支持率は35%、尹候補は29%を記録した。

安哲秀(アン・チョルス)国民の党候補は6%、沈相ジョン(シム・サンジョン)正義党候補は4%の指導を得た。

2週間前(12月第2週)の同じ調査で、李候補は38%、尹候補は36%だった。今回の調査結果、2週間で両候補間の格差が6%p差に開いたことになる。

李候補の支持率は過去の調査(12月第2週)と比較して3%下落した。尹候補は7%p下がり、格差が広がった。

尹候補の支持率下落には20代と中道層の離脱が大きな影響を及ぼしたとものと分析された。尹候補の20代支持率は12月第2週基準で28%から18%に10%下落した。中道層の支持率は35%から23%に低下した。

李候補は20代で21%の支持を得て、尹候補を誤差範囲内で上回った。李候補は中道層でも31%の支持を得た。

各候補に対する支持の理由としては、李候補の場合、「候補個人の資質と能力」が44%だった。「政策や公約が気に入ったから」も15%と高かった。

尹候補の場合、「政権交代のために」支持するという回答が69%で最も高かった。次いで「他の候補になるのが嫌だから」(10%)尹候補を支持するという結果となった。

来年の大統領選挙の性格を問う項目では、国政安定論と政権審判論が各42%で同じ割合の集計結果が出た。以前の調査(12月第2週)では政権審判論が46%、国政安定論が42%だったが、格差が狭まった。

今回の調査は全国満18歳以上の成人男女1000人を対象に実施された。標本誤差は95%信頼水準で±3.1%p。詳細は中央選挙世論調査審議委員会ホームページで確認可能。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領支持率、李在明35%・尹錫悦29%…格差2%p→6%pに開き

    2021.12.23 16:43
    뉴스 메뉴 보기
    李在明(イ・ジェミョン)氏、尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏
    TOP