주요 기사 바로가기

韓国大統領候補の支持率、李37%-尹40.1%…国民の半分以上「家族リスク謝罪は不十分」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.22 10:50
0
韓国次期大統領選挙の支持率調査で、最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補が与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)候補を誤差範囲内でリードしているという結果が22日、発表された。

リアルメーターがYTNの依頼で20-21日、全国満18歳以上の1027人を対象に大統領候補の支持率を調査した結果、尹候補は40.1%の支持率を受け、37.0%の李候補を3.1ポイント上回った。

このほか、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)候補が4.2%、正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補が3.6%、そして金東ヨン(キム・ドンヨン)候補が1.7%だった。

候補の家族問題で支持候補を「変更した」または「変更する可能性がある」という回答は計25%だった。息子・配偶者の問題で支持候補を変更するかという質問に対し、8.9%は「変更した」と、16.1%は「変更する可能性がある」と答えた。「変更しない」は70.7%だった。李候補は息子のギャンブル・買春疑惑、尹候補は配偶者・金建希(キム・ゴンヒ)氏の虚偽経歴疑惑がある。

両候補の関連の謝罪は十分だったかという質問には、半分以上が「十分でなかった」と答えた。「李候補の謝罪が十分でない」という回答は53.6%、「尹候補の謝罪が十分でない」は59.2%だった。「十分だ」という回答は李候補が38.4%、尹候補が32.8%だった。

政党支持率は「国民の力」が37.2%、「民主党」33.9%で、両党間の差は3.3ポイント。「国民の党」は9.1%、「開かれた民主党」は5.2%、「正義党」は3.4%の順だった。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行に対する「肯定的」な評価は41.5%、「否定的」な評価は55.2%だった。

政府が取り組む「青少年防疫パス」政策については「賛成」54.3%、「反対」37.1%だった。

今回の調査の標本誤差は95%信頼水準に±3.1%ポイント。

詳細内容はリアルメーターおよび中央選挙世論調査審議委員会のホームページ参照。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領候補の支持率、李37%-尹40.1%…国民の半分以上「家族リスク謝罪は不十分」

    2021.12.22 10:50
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)候補(左)、国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補 [国会写真記者団]
    TOP