주요 기사 바로가기

韓国原子力安全委、日本の「原発汚染水放出」準備に…「深刻な遺憾」抗議書簡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.22 06:36
0
原子力安全委員会は21日、東京電力が福島原発汚染水海洋放出に向けた準備作業に着手したことに対し深い遺憾を表明する抗議書簡を発送した。

原子力安全委員会のユ・グクヒ委員長はこの日会見を開き、日本の原子力規制委員会に深刻な遺憾表明とともに独立的で透明な審査を要求する書簡を発送したと明らかにした。安全委はこの書簡で「日本政府が福島汚染水処分の不可避性などに対し最隣接国の韓国との十分な協議や情報提供がなかった」と強調した。

その上で「すでに一度浄化された汚染水さえ約70%が排出基準を超過するなどさまざまな問題状況が続いている。それでも東京電力が変更認可案を提出するなど日本政府が汚染水海洋放出に向けた手続きを進めていることに対し深刻な遺憾を表明する」と伝えた。

また、安全委は日本の規制委に日本国内だけでなく国外の利害関係者の意見を取りまとめて反映すべきと強調した。合わせて関連情報を透明に公開し、情報要請と質問に積極的に協力することと、独立的な規制機関として審査期限を定めるよりは科学・技術的観点から十分に検討することなどを要求した。

この日安全委は韓国原子力安全技術院の安全性検討チームを通じ該当認可案に対する安全性検討にも着手した。特に、海洋放出関連設備の健全性と汚染水内の放射性物質分析方法の適切性、異常状況に備えた緊急遮断設備の適合性などを中心にチェックする計画だ。これ以外に必要な措置は関係官庁のタスクフォースを中心に履行することにした。

韓国国内の海洋放射能監視も持続的に強化する方針だ。来年からは既存監視定点最南端の下に監視定点2カ所が追加され、セシウムとトリチウムの調査回数もこれまでの年4回と1回から6回と4回に増やす予定だ。

ユ委員長は「福島原発汚染水海洋放出に備え韓国国民の安全を最優先に必要なすべての努力を尽くしたい」と伝えた。

安全委によると、この日東京電力は日本原子力規制委員会に「福島第1原発特定原子力施設に係る実施計画変更認可申請書」を提出した。実際の汚染水放出に向けた必須手続きである規制委の審査を要請したものだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国原子力安全委、日本の「原発汚染水放出」準備に…「深刻な遺憾」抗議書簡

    2021.12.22 06:36
    뉴스 메뉴 보기
    福島原発に面する海。[中央フォト]
    TOP