주요 기사 바로가기

文大統領「北京五輪ボイコットは検討していない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.13 11:45
0
オーストラリアを国賓訪問中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が13日(現地時間)、来年の北京冬季オリンピック(五輪)「外交的ボイコット」問題に関連し、「韓国政府は(ボイコットを)検討していない」と明らかにした。

文大統領はこの日、オーストラリアの首都キャンベラでモリソン豪首相と首脳会談を行った後の共同記者会見で、「北京冬季五輪ボイコットを検討するか」という質問にこのように答えた。

文大統領は「北京冬季五輪に対する外交的ボイコットについては、米国をはじめ、どの国からも(ボイコットに)参加すべきという勧誘を受けたことがない」と説明した。米国やオーストラリアなどいわゆるAUKUS(米国・英国・オーストラリア安全保障同盟)国家が中国への圧力を強化して中国と摩擦が生じていることについては「今日のオーストラリア国賓訪問は中国に対する韓国の立場とはいかなる関係もない」と明らかにした。

文大統領は「韓国は米国との同盟を外交と安保の根幹としているが、経済的な側面では中国と関係も非常に重要だ。韓半島(朝鮮半島)の平和と安定、そして北の非核化のために中国の建設的な努力が要求される」と説明した。続いて「それで韓国は米国との堅固な同盟を基盤にしながら中国とも調和がとれた関係を維持していくよう努力している」と述べた。

文大統領は、「バイデン政権が初めて北制裁措置を取った中、終戦宣言構想に対する立場を確認してほしい」という趣旨の質問に対し、「終戦宣言はそれ自体が究極的な目標ではない。終戦宣言はどんな内容が入るべきかについて関連国の協議が必要だ」と答えた。

また「終戦宣言は米国、中国、北ともに原則的に賛成の立場を明らかにした」としながらも「ただ、北が米国の敵対視政策を根本的に撤回することを先決条件として要求していて、まだ対話に入っていない。南北、米朝間の対話が早期に再開されるよう努力していく」と明らかにした。

文大統領「(問題は)終戦宣言以降の韓半島平和推進過程であり、どんなプロセスがあるべきか(関係国間の)共感があってこそ(終戦宣言が)実現できる問題だと考える」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「北京五輪ボイコットは検討していない」

    2021.12.13 11:45
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP