주요 기사 바로가기

韓国女子サッカーがアジアトップ4入り、12月のFIFAランキング18位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.12 10:09
0
韓国女子サッカーがアジアランキング4位に上った。

コリン・ベル監督率いる韓国女子サッカー代表チームは今年最後に発表された国際サッカー連盟(FIFA)世界ランキングで18位を維持した。FIFAが10日に発表したランキングポイントによると、韓国は8月より6.73点多いランキングポイント1817.62点を記録した。

アジアサッカー連盟(AFC)加盟国では中国を抜いて4位に上がった。AFC加盟国の中では北朝鮮(10位)、オーストラリア(11位)、日本(13位)に次いで4番目だ。中国が17位から19位に下がった。

女子代表チームは前回の発表後に6回のAマッチ(国家代表戦)を、行い3勝2敗1分けを記録した。9月にウズベキスタンで開かれた2022AFC女子アジアカップ予選でモンゴルを12-0、ウズベキスタンを4-0で破った。

10月の世界最強米国との2度の遠征親善試合では1敗1分けを収め、ニュージーランドとのホームでの親善試合では1勝1敗となった、

米国がランキング1位を守り、スウェーデンとドイツも2位と3位を維持した。来年1月にインドで開幕する女子アジアカップで韓国、日本とともにC組に入ったベトナムは32位、ミャンマーは47位だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国女子サッカーがアジアトップ4入り、12月のFIFAランキング18位

    2021.12.12 10:09
    뉴스 메뉴 보기
    ニュージーランドとの親善試合で突破を試みる韓国女子サッカー代表チームのヨ・ミンジ(左から2人目)。キム・ミンギュ記者
    TOP