주요 기사 바로가기

日本のコロナ感染急減 「西洋では少ない日本人特有の体質か」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.11 11:56
0
日本国内で新型コロナウイルス感染者の重症・死亡事例が他国と比較して少ない背景として日本人特有の体質的要因が注目されている。

10日の読売新聞によると、日本理化学研究所は日本人の約60%が保有する白血球の型「HLA―A24」が新型コロナの重症化を予防するという内容の研究結果を発表した。

理研の藤井真一郎研究チームリーダーはA24型の人が風邪の原因である季節性コロナウイルスに対する免疫細胞を保有した場合、この細胞が新型コロナに感染した細胞を攻撃すると説明した。

この免疫細胞を持つA24型の人は細胞が新型コロナに感染した場合、「QYI」というペプチドが表れてキラーT細胞を増殖させることが明らかになった。このキラーT細胞は感染細胞を破壊して重症化を防ぐ。

研究陣は「過去に季節性コロナに感染した人が、新型コロナに感染すると、体内で眠っていたキラーT細胞が速やかに増え、感染細胞を排除している可能性がある」と分析した。この研究結果は『ネイチャー』の姉妹誌『コミュニケーションズ・バイオロジー』に掲載された。

研究陣はA24型を持つ人口比率が日本は60%程度だが、欧州と米国の場合は1-20%にすぎないという点に注目した。

研究陣はQYIをワクチンとして投与すれば重症化を抑止できる可能性があるとみている。藤井チームリーダーは「ワクチンが効かなかった人の新たな治療法になり得るし、オミクロン株にも有効だとみている」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP