주요 기사 바로가기

韓国、3日連続で7000人以上…「ブースターショット、3カ月に短縮」検討

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.10 07:28
0
韓国の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の一日の新規感染者数が3日連続で7000人以上を記録するものとみられる。韓国政府は2次と3次の接種間隔を現行の4~5カ月から3カ月に短縮する方案を検討中だ。9日、防疫当局によると、この日午後9時現在の全国新規感染者数は同時間帯基準で歴代最多となる5803人だった。従来の記録である今月7日の5704人に比べて99人多い。これに伴い、10日0時までの新規感染者数は7000人を超える可能性が高い。この場合、新規感染者数は3日連続で7000人以上を記録することになる。

韓国政府は状況が尋常ではないと判断し、2次接種と3次接種の間隔を3カ月に短縮する方案を検討している。現在は60代以上は4カ月、50代以下は5カ月であり、残余ワクチンとして打つ場合はそれぞれ1カ月さらに前倒しで打つことができるが、今後はすべて3カ月に統一するということだ。韓国政府は専門家議論を経て、早ければ10日にこの方案を発表する予定だ。これまでのところ追加接種間隔を3カ月に短縮したのは英国が唯一だ。

感染者が急増し、この日ソウル各地の選別診療所は検査を受けようとする市民が殺到してひどい混雑となった。この日午前10時30分ごろ、ソウル松坡区(ソンパグ)保健所選別診療所の前には保健所建物のコーナーを回って100メートル以上の待機の列が続いたほか、人道の外まで人が立つ事態となった。ここで会ったAさんは「最近感染者が増えて会社で検査を受けてくるように言われたが、待機者がこれほど多いとは思わなかった」と舌打ちした。

 
◆ソウル選別診療所の検査大乱、半数の46カ所で待機時間1時間30分以上の列

ある40代の保護者は「陰性確認書を持っていかないと子どもが塾に行くことができない」と話した。待機の列には子どもや中・高校生も混ざっていた。選別診療所の関係者は「検査開始前から待機の列が長い。検査を受けるためには1時間以上待たなければならない」と案内した。

ソウル江南区(カンナムグ)保健所選別診療所も待機行列で混雑した。午前10時30分検査待機番号札は560番台を超え、待機者は120人余りだった。保健所の前の車道には「検査者の急増で駐車場を閉鎖します」という案内が出ていた。

ソウル内選別診療所86カ所の混雑度を確認できる「スマートソウルマップ」によると、この日午後1時30分、半分以上の選別診療所46カ所が「混雑」状況だった。赤色で表示される「混雑」は90分以上待たなければならないという意味だ。SNSには「選別診療所の列が長すぎる。検査を受けに来たのに新型コロナにかかってしまう」「午前9時30分だが待機が300人だった」などのコメントが次々と投稿された。

医療スタッフなど 検査人員の疲労度も再び高まっている。関係者は「防疫パス」の発給を受けるための陰性確認書を受けようとする市民まで重なり、選別診療所の業務が麻ひ状況に達したと吐露した。江南区庁関係者は「私たちは午後9時まで運営しているので他の地域の人々まで退勤後にやってきている」とし「午後8時30分以降、これ以上待機を受け付けないというと『区庁長を出せ』『仕事もしないで何をしているのか』と罵る人もいる」と話した。

江南区保健所で検体分類作業をしているチョンさん(61)は「一日4200人の検体を分類しているがすでに最大値を超えた。今もとても大変だ」とため息をついた。ソウルのある選別診療所関係者は「検体の分類を1時間に300~350件ずつしなければならないが、非常に多いため時々検体バイアルに間違って入れたり検体が一つずつ残る場合がある」と明らかにした。ソウルのある臨時選別診療所は検査者の個人情報を質問用紙に描いてもらい、これをエクセルに入力し直した後に検査結果を通知しているが、最近検査者が3倍以上になり業務ミスが頻繁に起きるようになった。ここで働くクォンさん(25)は「検査者の情報が脱落していて結果がまともに転送されない場合が増えた。全く関係のない人に結果が通知されることもよくある」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、3日連続で7000人以上…「ブースターショット、3カ月に短縮」検討

    2021.12.10 07:28
    뉴스 메뉴 보기
    1日午後、ソウル駅広場の新型コロナ選別診療所で市民が列に並んでいる。 チャン・ジンヨン記者
    TOP