주요 기사 바로가기

韓国、接種率80%でも陽性・重症急増…未接種の高齢層多いため

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.09 08:37
0
韓国の国民の80%が新型コロナウイルスワクチン接種を終えたのに状況はなぜ悪化するばかりなのだろうか。人口の一定水準以上が接種すれば集団免疫効果が現れるというワクチン接種初期の期待感が現実化できずその原因に対する疑問が大きくなっている。

専門家らは60歳以上の未接種者が99万人に達するという点を最初に挙げる。最近の感染者は60歳以上の高齢層で多く出ている。先月28日から今月4日までの1週間の感染者発生率を見ると、60代が10万人当たり12.9人、80歳以上が12.7人、70代が12.2人となった。1カ月前には10万人当たり5~6.2人水準だったこれら年齢層の感染者発生率が2倍以上に増えた。

実際の感染者のうち未接種者が占める割合が大きい。先月28日基準で過去8週間の満12歳以上の感染者10万7296人のうち未接種者・不完全(1回)接種者は45.5%に達した。人口の20%ほどである未接種者群で新規感染者の半分が出ている状況だ。未接種・不完全接種者は特に重症患者の57.4%、死亡者の57.7%を占める。

60歳以上の高齢層の接種効果が予想より早く弱まりブレイクスルー感染が急増したのも原因と指摘される。これら年齢層はほとんどが昨年春~夏に接種したが、接種後4~6カ月が過ぎ予防効果が大きく落ちた。実際に中央防疫対策本部が接種完了者らの年齢層別ブレイクスルー感染について分析したところ、80歳以上で10万人当たり333.6人(0.333%)とブレイクスルー感染者が最も多かった。ワクチン効果が落ちた状態でウィズコロナが始まり、その後市中感染が広がりブレイクスルー感染が増えたと分析される。5月には7人にとどまっていた韓国のブレイクスルー感染者は先月4万3047人に急増した。

パン・ジファン中央感染症病院運営センター長は「高齢層はワクチンを打っても若年層に比べ効果が落ち、持続期間も短く記憶細胞反応もあまり起きない。最も急がれるのは高齢層の未接種者に対する接種と、接種しても時間がかなり過ぎた高齢層に対する追加接種」と話した。彼は「高齢層の接種は重症患者と死亡者を減らす最も確実で直接的な方法。極端にいえばインセンティブを与える方法まで動員して集中的に接種すべき」と強調した。

相対的に効果が低いワクチン接種者に対するブースター接種を急ぐべきという指摘もある。延世(ヨンセ)大学医学部予防医学教室のパク・ウンチョル教授は「新型コロナウイルスによる死亡者数はワクチン接種開始後に大きく減ったが7月から増え始め、11~12月に急増する。アストラゼネカ製ワクチンの限界」と話した。60~74歳の年齢層1000万人ほどが打ったアストラゼネカの中和抗体持続期間が3~4カ月で、ファイザーやモデルナの6カ月に比べて短いという説明だ。

実際にワクチンの種類別のブレイクスルー感染発生率を見ると、ヤンセン製ワクチンが0.489%(10万人当たり489.4人)、アストラゼネカが0.342%、混合接種者が0.219%の順だ。ファイザーは0.132%、モデルナは0.021%と相対的に低かった。パク教授も高齢層とアストラゼネカ製ワクチン接種者に対する追加接種を急ぐべきと指摘した。これまで3回目の接種まで終えた人のブレイクスルー感染の割合は0.016%にすぎず、死亡者は0人、重症患者は1人だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、接種率80%でも陽性・重症急増…未接種の高齢層多いため

    2021.12.09 08:37
    뉴스 메뉴 보기
    大田市儒城区(テジョンシ・ユソング)保健所で医療スタッフが市民にワクチンの注射をしている。フリーランサー キム・ソンテ
    TOP