주요 기사 바로가기

「恥辱として記憶」真珠湾空襲、ハワイなどで80周年行事

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.08 15:07
0
米国は7日(現地時間)、ハワイ、アリゾナ州、ワシントンDCなどで真珠湾空襲から80年となる日を記念した。

ハワイのパールハーバー・ヒッカム統合基地で開催された行事にはカルロス・デル・トロ米海軍長官が、アリゾナ州で開かれた行事にはダグ・デュシー知事が出席した。ワシントンでの行事にはバイデン大統領が出席して献花した。

真珠湾空襲とは、1941年12月7日に米ハワイ州のオアフ島真珠湾に停泊していた米太平洋艦隊を日本が宣戦布告なく奇襲攻撃した事件。その直後、米国、英国、オランダが日本に宣戦布告した。

450機の航空機を載せた6隻の日本の空母がハワイに接近して真珠湾を空襲し、結果的に7隻の米国戦艦のうち5隻が撃沈、約200機の航空機が破壊され、米軍2390人が死亡した。米海軍を撃破した日本はシンガポール、フィリピン、インドネシアを占領した。米国は中立を破って第2次世界大戦に参戦し、世界大戦は全世界に拡大した。

日本は真珠湾攻撃と共にマレー半島海域で英国の新鋭戦艦2隻を撃沈し、制海権を握った。陸軍はマレー半島とフィリピンに上陸して42年2月にシンガポールを占領し、英国の極東軍を降伏させる一方、スマトラ島とジャワ島を占領してオランダ軍を降伏させた。続いて日本軍はミャンマーに侵入してヤンゴンを陥落させた。

真珠湾空襲の直後、当時のフランクリン・ルーズベルト米大統領は議会演説で「恥辱として記憶に刻まれる日(a date which will live in infamy)」と述べた。戦争は4年が経過した45年8月、広島と長崎に原子爆弾が投下された後、日本の無条件降伏宣言で終わった。

その後80年が経過したが、米国は真珠湾で戦死した米兵を追悼する作業を続けてきた。米海軍は6日、真珠湾空襲当時に最初に攻撃を受けて殉職した戦艦「USSユタ」の隊員58人を追悼する行事を行った。

米国防総省捕虜・行方不明者調査局(DPAA)と海軍は2015年からハワイ国立墓地の行方不明者墓地で、真珠湾爆撃で沈没した「USSオクラホマ」の身元未確認遺骨確認作業を始めた。これを通じて行方不明者429人のうち396人がようやく故郷に戻った。最終的に身元が確認されなかった33人は7日、またハワイ国立墓地に安置された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP