주요 기사 바로가기

買い攻勢続ける外国人投資家のラブコールでサムスン電子の株価急騰

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.08 12:04
0
「あの時売らずに買い増すべきだった」。

会社員のイさん(34)はサムスン電子の株価を見るともどかしくなる。今年初めに8万ウォン台でサムスン電子株を買い株式に入門した彼は、10月末に7万ウォンを割り込み6万ウォン台まで落ち込むと不安感から手持ちの株を少しずつ損切りした。イさんは「7万ウォン台を回復した時10~15%程度の損失を甘受して株を売ったのが悔やまれる」と話した。

遅々として上がらない株価で個人投資家の気をもませたサムスン電子が8万ウォン再奪還を目前にしている。外国人投資家が粘り強いラブコールを送ってだ。8日午前10時基準でサムスン電子株は前日より1.16%上がった7万8300ウォンで取引されている。この日一時7万8500ウォンまで上がり、8月11日の取引時間中に記録した7万9800ウォン以降で最高値となった。

サムスン電子の株価は先月30日には7万ウォン台初めにとどまっていた。しかし今月1日に4.35%値を上げ、2日も1.88%上昇するなど6取引日のうち3日に0.26%下がったのを除き5取引日にわたり上昇を継続した。1週間で株価が10%近く上がった格好だ。

サムスン電子の株価を生き返らせたのは外国人投資家だ。外国人投資家は6取引日の間にサムスン電子株1兆5070億ウォン相当を買い越した。これに対し個人投資家は1兆2830億ウォン、機関投資家は1944億ウォンを売り越した。

サムスン電子に向けられた外国人投資家のラブコールが続くのは半導体業況に対する懸念が改善されてだ。8月に「冬が来る」という報告書を通じ半導体のピークアウトを警告した米投資会社のモルガン・スタンレーは最近「10-12月期のDRAM価格はアナリストの予想よりは悪くない方に現れている。来年にはダウンサイクルが短くなるだろう」と態度を変えた。

市場調査会社DRAMエクスチェンジによると、10月のPC用DRAM(DDR4 8GB)固定取引価格は3.71ドルで、前月の4.1ドルより9.51%落ちたが、先月には大きな変動なく横ばい相場を維持した。

ハナ金融投資のキム・ギョンミン研究員は「伝統的な需要先だけでなくクラウドサービス供給会社とインフラを維持・保守するパブリッククラウド領域、データ遅延時間を最小化するためのエッジクラウドコンピューティング分野までDRAM需要先が増えている」と説明した。

こうした市場見通しに前日の米ニューヨーク証券市場で半導体企業は一斉に急騰した。エヌビディアは前日より7.96%上がった324.27ドルを記録し、ブロードコムは4.50%、クアルコムは4.71%上昇した。

業況の改善傾向だけでなくサムスン電子のCEO交代も株価に好材料として作用した評価される。サムスン電子は7日に半導体・家電・モバイル事業のトップを一新する世代交代を断行した。特にサムスン電機から移りDS(デバイスソリューション)事業部を引き受けた慶桂顕(キョン・ゲヒョン)社長は半導体設計専門家で、サムスン電子に入社した後DRAM設計とフラッシュメモリ開発室長、ソリューション開発室長などを経た。

KB証券のキム・ドンウォン研究員は「これまでサムスン電子はメモリー半導体生産量拡大を通じたシェア1位戦略を持続してきたが、半導体設計専門家である慶社長はサムスン電子がメモリー半導体技術リーダーシップを維持し先導するのに重点を置くものと予想される。半導体戦略の肯定的変化が期待される」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP