주요 기사 바로가기

【中央時評】北朝鮮で起きる静かな革命(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.08 10:39
0
1996年6月のロシア大統領選挙を控えて、米国はパニックの雰囲気だった。共産党候補であるゲンナジー・ジュガーノフが当時ロシア大統領のボリス・エリツィンを抑えて当選する可能性が高そうにみえたからだ。そうなるとロシアは社会主義に回帰し、国際秩序は再び冷戦に戻るのではないかと懸念された。事実、すべての指標によればジュガーノフの勝利は確実に見えた。ソ連解体後1995年まで、ロシアの国民所得は4割も減った。所得不平等は著しく悪化し、ソ連末期には北欧水準だったジニ係数は1990年代中盤の南米水準に急騰した。さらに共産党は大統領選挙1年前に行われた総選挙で圧倒的な第1党に躍進した。相当数の米国知識人は歴史的終焉を告げたとみられた社会主義がロシアで再誕生するのは避けられないと判断した。

だが私はそのようには考えなかった。なぜなら市場がもたらした底辺革命を目にしていたからだ。1990年代初め、モスクワでの現地研究が終わろうとするころ、私は息子用のプレゼントを買うためにロシア製おもちゃを探し回った。いろいろな店を回ったものの徒労に終わり、いざ立ち寄ったところが「ジェーツキー・ミール」という児童用品デパートだった。ところがこのデパートは1階を除いてすべて空きテナントだった。その階の真ん中には巨大なガラスケースの中に貴重な製品が展示されているかのように数多くの人々が集まっていた。人々の間をかき分けて近寄ってみると、男女こども用の輸入靴が1足ずつあるだけで私は脱力した。しかしこれまで見たことがない彩色の靴の美しさに、子どもを持つロシアの親たちの強烈な視線が私の心に突き刺さった。ここは単なる製品展示場ではなく、資本主義に忠誠を誓う空間だった。なんとかして金を儲け、あのように美しい靴を買いたいという決断の現場だった。そのようにしてロシア人の心の奥深く、社会主義は完全に、そして不可逆的に解体されていた。結局、エリツィンはジュガーノフを破ってロシア第2代大統領になった。

北朝鮮の住民は7割以上の所得を市場で稼ぎ、食糧と消費財の6割以上を市場で購入する。市場は裕福になる機会を提供するとと同時に金儲けへの欲求を誘発する。市場が大きくなって新しい品物が登場すれば金を儲けなければならない理由と動機もさらに強くなる。そうなれば金を儲けて使う自由を与える体制を支持することになる。このように消費欲求と市場活動は相乗作用を成しながら人々の心と考えを引きつけ、これは政治と社会構造に影響を及ぼす。大多数の北朝鮮住民は表面的には社会主義者だが、心では資本主義に忠誠を尽くしている。ソウル大学統一平和研究院は、脱北後に韓国に定着するまで1年も経過していない脱北民を対象に毎年アンケート調査を実施している。2020年調査によると、彼らのうち資本主義を支持するという回答者は68%である反面、社会主義支持者は16%にすぎなかった。 【中央時評】北朝鮮で起きる静かな革命(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP