주요 기사 바로가기

「オミクロン株、予想より強力だった」 完治したイスラエル医師が証言した症状

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.08 09:54
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新しい変異株「オミクロン株」に感染して10日ぶりに完治したイスラエルのある医師が感染当時の健康状態など経験談を公開した。

7日(現地時間)、イスラエルの医師Elad Maorさんは、現地メディア「エルサレム・ポスト」とのインタビューを通じて「オミクロン株は予想より強力だった」と明らかにした。Maorさんは「熱が48時間出て、72時間は極度に疲れた。筋肉痛もあった」と当時の様子を伝えた。

Maorさんはテルアビブ大学の教授でありイスラエル最大の病院であるシェバメディカルセンターの心臓専門医だ。Maorさんは新型コロナ陽性診断から10日ぶりにこの日の業務に復帰したが「まだ身体の状態が良くない」とした。

Maorさんはファイザーワクチン3次追加接種(ブースターショット)まで終えたが、先月28日に陽性診断を受けた。その後、数日後にオミクロン株への感染が確認された。

当時Maorさんは学会に出席するために英国ロンドンに行ってきた直後だった。Maorさんは「イスラエルに戻る72時間前に遺伝子増幅(PCR)検査を受け、イスラエル・テルアビブ空港で検査を受けたが当時はどちらも陰性だった。私がロンドンに変異株を持っていったのではなく、ロンドンで感染して帰ってきたようだ」と言及した。

具体的な感染経路は確認できないが、ロンドンの地下鉄や学会、飛行機で感染した可能性があるとMaorさんは考えている。Maorさんは「ロンドンで毎日地下鉄を利用したが多くの乗客がマスクをしないでいた。彼らのうち一部はワクチンを打っていないと思う」と説明した。

Maorさんは帰国直後に受けたコロナ検査で陰性だったので、しばらく感染の事実を知らないまま日常生活を送った。Maorさんと接触してオミクロン株に感染したのは同僚医師1人だけだったという。追加接種まで終えたMaorさんの妻とワクチンを接種した13歳、17歳の子女も感染しなかった。

Maorさんは自身が感染元となって新型コロナ感染が大きく広がらなかったのは、ワクチン接種と公共場所でのマスク着用など防疫規則をしっかり守ったからだと説明した。

Maorさんは「ワクチンのコロナ予防効果は完ぺきではないが、(ワクチンが)重症化や死亡リスクを減らしてくれる」とし「もしワクチンを打っていなかったら、もっと症状は深刻だったはずだ。ワクチンを必ず打たなければならない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「オミクロン株、予想より強力だった」 完治したイスラエル医師が証言した症状

    2021.12.08 09:54
    뉴스 메뉴 보기
    イスラエルの医師Elad Maorさんがオミクロン株に感染して10日ぶりに業務に復帰したと7日、SNSを通じて明らかにした。[写真 ツイッター キャプチャー]
    TOP