주요 기사 바로가기

ファイザーCEO「オミクロン株の強い伝染力、別の変異を引き起こす恐れ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.08 08:40
0
米国製薬会社ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)が7日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新型変異株「オミクロン株」が今後別の変異を引き起こす可能性があると主張した。

ブーラ氏はこの日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が主催した「CEOカウンシル・サミット」行事で「急速に広がるウイルスがあるというのは、良いニュースではないと考える」と主張した。

ブーラ氏は「オミクロン株の感染力が以前のウイルスよりも強いが、症状はあまり深刻ではないとみられる」としながらも「急速な感染拡大は(変異ウイルスが)数十億人の体内に入ることができ、また別の変異が出てくるかもしれないことを意味する」と警告した。

ブーラ氏のこのような発言は、最近オミクロン株がデルタ株など以前のウイルスに比べてそれほど深刻ではない症状を示し、「コロナの風邪化」が前倒しになるという見通しが専門家の間に出ている中で出てきた。

またブーラ氏はオミクロン株が初めて報告された南アフリカ共和国で軽症患者が多いという初期研究結果に対してまだ信頼できないという意見を出した。南アフリカの人口のうち60歳以上が5%しかならないため相対的に軽症のまま過ごす若者の人口が多くそのように見えている可能性があるということだ。ブーラ氏は「(オミクロン株の)臨床的特性が正確にどのようなものかについて、年末前までによく知ることができるだろう」と見通した。

またオミクロン株用のワクチンは来年3月までに開発できるが、別途ワクチンが必要かはまだ確実ではないと付け加えた。

ブーラ氏は2年近く続いている新型コロナ事態がまもなく終息すると期待することはないが、より多くの人がワクチンを接種し、より良い治療薬が出てくるなら、季節性インフルエンザと同じウイルスとして扱うことができるようになるだろうと明らかにした。ブーラ氏は「我々は正常な生活を送ることができるようになる」としながら「正常な生活とは、レストランに行ってもマスクをする必要がなくなるということを意味する」と述べた。

またブーラ氏はワクチンとマスクの義務化を支持して、低所得国家のワクチン接種率の向上を図るために援助を提供する意向を明らかにしたとWSJは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ファイザーCEO「オミクロン株の強い伝染力、別の変異を引き起こす恐れ」

    2021.12.08 08:40
    뉴스 메뉴 보기
    オミクロン株のスパイク3Dイメージ(右側の四角の中)はオミクロン株でスパイク部分イメージだけを別途表示した。金宇柱(キム・ウジュ)教授は「丸い形のウイルスから突起部分のスパイクだけを別に取り外してイメージを実現したものと理解してほしい」と説明した。[写真 世界保健機関ホームページ、バンビーノ・ジェズ病院ツイッターキャプチャー]
    TOP