주요 기사 바로가기

韓国初「AI報道官」登場…元副首相「選挙費用軽減を試みる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.07 14:41
0
1/2
韓国の金東ヨン(キム・ドンヨン)元経済副首相が人材招へい第1号として公開したAI報道官「AiDY(エイディ)」。
韓国大統領選挙出馬を宣言した金東ヨン(キム・ドンヨン)元経済副首相が7日、人材招へい第1号として人工知能(AI)報道官を前面に出した。

金氏はこの日、国会で記者会見を開いて「国民の血税を浪費する消耗的な選挙運動ではなく、新時代に合った新しい選挙運動で国民の選択を受けたい」とし、AI報道官「AiDY(エイディ)」の試演映像を紹介した。

金氏は「韓国の政治は天文学的なお金を注ぎ込んで国民のお荷物となって久しい」とし「AI報道官AiDYは従来の選挙費用を画期的に減らす試み」と強調した。

またAiDYを開発した企業が新生スタートアップだとし「従来の既得権と手を握らず、新たに挑戦しようとする人々と共にする」とした。

金氏は「AI報道官は、今はまだ少し未熟かもしれないが、日々成長を繰り返すだろう」としながら「AI報道官は政界の新しい波になる」と述べた。

あわせて金氏は「winDY(ウィンディ)」という名前の自身のアバターも公開した。金氏は「AI報道官とアバターは科学人材として革命的な時代変化の産室」としながら「我々は選挙キャンペーンも科学技術に基づいた画期的な変化を試みる」と強調した。

金氏は記者会見を終えて、記者団と会い「アバターは今後私が持つ哲学やビジョン、政策の内容をすべて学習して独立的に活動することになる」としながら「オンラインを通じて有権者がどこででも簡単に会うことができる」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP