주요 기사 바로가기

指は絡んだまま固まった…右腕上げたまま45年暮らすインド人男性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.07 12:00
0
宗教的理由から45年間右腕を上げたまま暮らしてきたインド人男性が話題になっている。

ヒンドゥスタンタイムズなどによると、インド人男性のアマル・バルティさんはヒンズー教の神であるシバに自身を捧げるとして1973年から右腕を一度も下ろさずに生活している。

過去にバラティさんは妻と3人の子どもを持つ家長として働きながら平凡に暮らしていた。しかし1973年に突然宗教的悟りを得て、ヒンズーの神に自身を捧げることを決心した。バラティさんは家と家族を捨て1人で山に入り修行を始めた。

彼は初めてシバ神に対する信仰と感謝を表するために片手を上げて生活を始めたという。一部では彼が地球上のすべての戦争に反対して右腕を上げて生活し始めたと説明する。45年にわたり上げられた右手の皮膚と爪は癒着し、肩の骨は固まってしまい手は全く使えなくなった。現地メディアは「やせ細った腕はまるで棒のようだ」と表現した。

バラティさんは最初の2年は苦痛の中で過ごしたがその後腕の感覚をすべて失ったと明らかにした。あまりに長期にわたり腕を上げていたため、下ろしても腕に永久的な神経損傷ができる可能性が高く、一生手を上げたまま暮らすことがむしろ良いという。

現在70歳をはるかに超えた年齢だが彼の健康に大きな異常はないと外信は伝えた。

バラティさんのこうした行動が知らされ多くのインド人がサドゥ(ヒンズー教の行者)になり彼のように腕を上げようとしたがだれもバラティさんの記録を破ることはできなかった。

一方、バラティさんはいまも右腕を高く上げており、今後も下ろす計画はないと明らかにした



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    指は絡んだまま固まった…右腕上げたまま45年暮らすインド人男性

    2021.12.07 12:00
    뉴스 메뉴 보기
    1973年から約45年にわたり右腕を上げたまま暮らしてきたインド人男性のバラティさん。[ツイッター キャプチャー]
    TOP