주요 기사 바로가기

【コラム】フィクション『地獄』と現実政治=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.07 12:04
0
異見を許さない民主党の一部の勢力の攻撃的排他性はむしろ李候補にプラスよりマイナスになるようだ。李候補がチョ・グク事態について繰り返し謝罪して「チョ・グクの川」を渡ろうとするのは中原に進むためではないのか。たとえば2012年12月の大統領選で敗北した当時の文在寅民主統合党候補が何が不足していたかを省察して書いた本『1219終わりが始まりだ』にある内容も似た脈絡であるはずだ。「ひょっとして我々が民主化に対する献身と進歩的な価値に対する自負心から、考えが異なる人たちとの間に線を引いて分けたり、優越感を持っていないか振り返る必要がある。我々はいわゆる『礼儀をわきまえない進歩』を自ら招いていないか謙虚な反省が必要な時だ」。

ドラマ『地獄が呼んでいる』の結末で、タクシーの運転手が語った言葉はヨン・サンホ監督の主題意識を含蓄するようだ。「私は神がどんな奴かも知らないし、関心もない。確かなことはここは人間の世の中ということ」というセリフ。独善と我執がドグマにつながる現実政治に代入すればこのようなメッセージに変奏されないだろうか。「政治(または理念)はよく知らないし、関心もない。確かなことは政治よりも人が先だということだ」。

キム・ヒョング/政治エディター 【コラム】フィクション『地獄』と現実政治=韓国(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP