주요 기사 바로가기

李在鎔サムスン副会長「気が重い」からの破格刷新…代表3人交代し家電とモバイル統合

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.07 11:44
0
サムスン電子が代表理事3人を入れ替えて大々的な人的刷新に出た。

サムスン電子は7日、2022年定期社長団人事を発表した。大きな改編なく安定を追求するだろうという財界の観測と違い、代表理事3人を一度に交代する大幅な人事改編に出た。ここに半導体(DS)と家電(CE)、モバイル(IM)で構成された組織を半導体とSET(完成品)部門に分けた。SETは既存の家電部門とモバイル部門を統合した組織だ。

サムスン電子は金奇南(キム・ギナム)DS部門長(副会長)を総合技術院会長に昇進させた。金副会長は総合技術院会長として未来技術開発と後進養成に努める。DS部門長には慶桂顕(キョン・ゲヒョン)サムスン電機社長を任命した。慶社長はサムスン電子代表理事社長兼DS部門長を務める。慶社長は半導体設計専門家で、昨年からサムスン電機代表理事を務めながら過去最大の業績を牽引して経営能力を認められた。サムスン電子DS部門長として半導体事業の技術リーダーシップを発揮し、部品事業全般の革新を図るものと期待される。

CEではキム・ヒョンソク社長が、IMでは高東真(コ・ドンジン)社長が退く。韓宗熙(ハン・ジョンヒ)サムスン電子CE部門映像ディスプレー事業部長(社長)が副会長に昇進してSET(CE・IM)事業全体を率いて全社レベルの新事業・新技術など未来の収益源を発掘する役割を担う。韓副会長はテレビ開発専門家で2017年から映像ディスプレー事業部長を務めてテレビ事業を15年連続世界1位に導いた功労を認められた。今回の副会長昇進とともにSET事業全体のトップを引き受け事業部間のシナジーを最大化させ全社レベルの新事業・新技術など未来の収益源を発掘すると期待される。

鄭賢豪(チョン・ヒョンホ)サムスン電子事業支援TF長(社長)はサムスン電子事業支援TF長副会長に昇進した。鄭副会長はこれまで中長期事業戦略樹立支援、サムスン電子と電子系列会社間のシナジー発掘などを通じて事業競争力強化を支援してきた。今回副会長に昇進し安定した事業支援と未来準備にさらに寄与すると期待される。

サムスン電子関係者は「会社の発展に大きく寄与した副会長・社長を会長・副会長に昇進させ、副社長を社長に昇進させる成果主義人事を実現した。未来に備えた挑戦と革新を率いる人物をSET事業、半導体事業の部門長としてそれぞれ内定する世代交代人事を通じて激しくなるグローバル競争構造下で陣容を新たに整え変化を先導できる基盤を用意した」と説明した。

このほか崔景植(チェ・ギョンシク)サムスン電子北米総括副社長がサムスン電子SET部門北米総括社長に、サムスン電子のパク・ヨンインDS部門システムLSI事業部戦略マーケティング室長(副社長)がサムスン電子DS部門システムLSI事業部長(社長)に、金寿穆(キム・スモク)サムスン電子法務室訟務チーム長(副社長)がサムスン電子SET部門法務室長社長に任命された。

これに先立ち李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は先月末の米国出張からの帰国の途で「投資も投資だが現場の壮絶な声、市場の冷酷な現実を直接見てくることになるので気が重かった」として「危機論」を持ち出した。

財界関係者は「今回のサムスン電子人事の特徴は『未来準備』機能を強化したもの。李副会長の『ニューサムスン』に対する強い意志の表れ」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    李在鎔サムスン副会長「気が重い」からの破格刷新…代表3人交代し家電とモバイル統合

    2021.12.07 11:44
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子
    TOP