주요 기사 바로가기

「2400病床確保?…集中治療室入れず死亡するコロナ患者いる」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.07 11:08
0
今月初め、韓国首都圏のある総合病院緊急室。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)患者Aさん(70代)が緊急移送された。家で病床待機中に心停止したという。医療スタッフが3回にわたり心臓マッサージなどを施したが、一日も経たずに結局息を引き取った。Aさんは血液透析患者だった。新型コロナ高リスク群だ。しかし、病床不足で透析・新型コロナ治療を適時に受けられなかったのだ。腎臓障害者の場合、透析の時期を逃すと体内に尿毒が蓄積する。各種老廃物が血液中に溜まり、呼吸困難などを引き起こすおそれがある。Aさんは移送後、透析治療などを受けたものの、手遅れだった。

◆崩壊直前の医療対応システム

国内の医療対応体系は崩壊直前だ。段階的日常回復(ウィズコロナ)施行以降、感染者が急増し、重症患者も増えている。重症患者の増加率は政府の予測値を超えた。集中治療室が急速に埋まった。底をつく直前の状況だ。病床が不足しているため、Aさんのように既に状態が悪化するだけ悪化した患者が集中治療室に転院して来るケースが相次いでいるという。第一線の現場ではこんな事情にもかかわらず、政府が「病床〇〇床確保」ばかり強調しているという批判が出ている。

金富謙(キム・ブギョム)首相は6日、中央災害安全対策本部会議で「全国的に集中治療の病床を含め、病床を2400余り拡充した」とし「一日1万人の感染者を受け入れられる水準まで病床を持続的に確保していく」と述べた。政府はウィズコロナを始めた先月だけで3回(11月5・12・24日)病床動員行政命令を発動した。

◆統計中の病床数、医療現場と乖離

しかし、この日の金首相の発言は現場と乖離しているという指摘があふれている。最も急を要する新型コロナ集中治療担当専任病床は全国に1237床(5日午後5時基準)だけだ。1度目の病床動員行政命令が下された当時(1111床)より126床(11.3%)増に留まった。全国の集中患者病床稼働率は80.5%だ。首都圏は86.6%で事実上飽和状態だ。集中治療の現場では「病状の増加が体感できない」という声が出ている。

京畿道(キョンギド)の総合病院関係者は、「(病床が余裕があった)以前だったら、重症に悪化しそうな患者を受け入れ、器官内挿管も行って集中治療を施した。しかし、最近は重患者室にいるべき(高リスク群の)患者達が在宅治療で耐えてから、既に悪化した状態で来ている」と説明した。また、「『もっと早く治療を始めたら結果が良かったはずだ』という心残りが残る」と付け加えた。

ウィズコロナ施行後、入院待機患者は1000人に迫る。6日0時基準、首都圏内の1日以上の病床待機者は982人に及ぶ。高リスク群は70歳以上が547人、高血圧・糖尿などの基礎疾患(持病)を持つ患者は435人だ。

◆病床待機中に死亡した患者29人

特に自宅で病床が空くのを待機中に死亡する患者が増加傾向にある。深刻だ。政府は一週間間隔で関連統計を集計している。中央防疫対策本部によると、今年45週目(10月31日~11月6日)は待機中の死亡患者はただ1人だった。しかし、その後週ごとに2人→3人→10人→13人に増えた。1カ月ぶりに29人も死亡したのだ。病床割り当て前に死亡した場合が10人、病床割り当て中に死亡した事例が19人だ。

ソウルのある総合病院関係者は「今、新型コロナ死亡者数が重症化する数より多い」とし「集中治療室に入れずに死亡する人がいるという意味」と話した。また、他の医療関係者も「最近、当院に入ってくる集中治療者はほとんど死亡している」とし「手遅れの状態で来るためだ。病気自体が強いというよりも待機期間が長くなり、治療する機会を逃した人々がそれだけいるということ」と強調した。また、現場では「医師になったことを初めて後悔した」という無力感に、「臨終はおろか、一度の面会もなく親が亡くなる場合も一度や二度ではない」というやるせなさもあるという。

新型コロナ重症患者の治療には回復まで通常2~3週間かかる。集中治療の病床を増やしても、5000人前後の感染者の流行規模が減少に転じなければ、「底の抜けた壺に水を注ぐ」恰好になるという指摘が出ている。政府が6日から4週間、私的集まりの規模を減らし、食堂・カフェに防疫パスを適用する特別防疫対策が施行されたが、状況をどの程度まで安定化させることができるかは不明だ。さらに、デルタ株より感染力が強いとされるオミクロン株も広がっている。

政府は準重症の病床を確保し、集中治療の病床の効率を高める計画だ。好転した集中患者を準重症病床に送る「ステップダウン」方式だ。現在、全国の準重症病床は576床だ。402床を増やすのが短期目標だが、121床のみ追加された。

病床を無作為に増やすこともできない。がんなど、新型コロナ以外の患者が被害を受ける可能性があるためだ。翰林(ハルリム)大学聖心(ソンシム)病院呼吸器内科の鄭ギ碩(チョン・ギソク)教授は「政府は(新規感染者)1万人を支えることができるように(病床を)拡充すると言っているが国内の医療界の現実では耐えられない」とし「コロナ患者は受け入れ可能かもしれないが、他の患者が死んでいくだろう」と述べた。

現状では高齢者の3次接種が何よりも重要だ。高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院感染内科の金宇柱(キム・ウジュ)教授は「現在、大半の60歳以上がブースターショット(追加接種)を受けていない状況だ。これを打てば重症予防効果が90%程度になる」とし「そうすれば、重症患者の発生が減り、少し息がつけるだろう。今、高齢層の接種速度があまりにも遅い」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「2400病床確保?…集中治療室入れず死亡するコロナ患者いる」=韓国

    2021.12.07 11:08
    뉴스 메뉴 보기
    慶北大学病院陰圧集中治療室での重症患者診療。[写真 大邱広域市]
    TOP