주요 기사 바로가기

【特別共同寄稿】ソウルが主催した「国連PKO閣僚級会合」の意味

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.07 11:06
0
国連平和維持活動(PKO)要員は毎日世界の数百万人の暮らしに目立った変化を作っている。120カ国以上から集まった8万7000人を超えるPKO要員は、命を助け、紛争を予防し、持続的な平和を作る上で助けになっている。しかし彼らが置かれた政治・安全保障状況とPKOに対する攻撃は日増しに悪化している。

これらPKO要員は世界の平和と安全保障に向けたわれわれみんなの共同投資だ。国連加盟国、安全保障理事会、国連総会、受け入れ国、地域機関、国際機関などはいずれもパートナーとして世界各地の複雑な安全保障環境に対応するに当たり各自の独特の役割をやり遂げている。国連のPKO活動は国際社会が紛争を平和に変えられる最も効果的な手段だ。それなら日増しに増える威嚇に対抗してPKOが成功するには何が必要だろうか。PKOが責任を負っている多くの人類の期待を充足し、任務を成功裏に成し遂げるにはどのようなパートナーシップが必要だろうか。

この質問の答を探すため7~8日にソウルで100カ国以上が参加する「国連平和維持閣僚級会合」が開催される。2014年に米ニューヨークで開かれてから6回目の会議がソウルで開かれる。新型コロナウイルスによりオンライン会議で進めるソウル会議ではPKO強化に向けた予算や装備などの支援を公約するだろう。

これまでの閣僚級会合の成功的開催のおかげで国連は60日以内に派兵可能な3000人規模の軍・警察の常備軍戦力を備えた。急変事態への備えを整えたことで今年は中央アフリカに軍事資源を投じることができた。女性派兵増加など各国の努力により女性平和安全保障(WPS)の議題が進展する効果があった。

国連事務総長は2018年にPKO構想(A4P)を発表し、今年初めにはさらに進展したPKO構想プラス(A4P+)計画を発表した。今回の閣僚級会合ではPKO構想プラス(A4P+)計画を通じてPKO向上に寄与できる各国の政治的支持を得て、具体的な公約を創出するだろう。会議主催国である韓国が発表する閣僚級会合の結果文書(議長要約文と「ソウルイニシアチブ」)には▽PKO要員と受け入れ国の民間人ともに保護できる機動力強化▽任務遂行に役立つ十分な経験を備えた軍・警察人材確保▽医療能力強化▽虚偽情報などの脅威に対応して状況認識を向上できるデジタル転換――などの内容が盛り込まれるだろう。

これと別にPKO要員の性的搾取や性暴行を根絶するために加盟国とともに予防訓練を強化し、責任を厳格に糾明して、被害者を支援する努力を尽くさなければならない。また、加盟国は女性PKO要員を増やして役割を拡大し、平和過程で女性参加を支援する必要がある。

PKO能力強化に向けては全般的な軍・警察部隊の対応能力を向上できる訓練と能力強化、迅速派兵部隊が至急だ。このため韓国政府は今回の閣僚級会合主催国でありPKOの堅固な支持者として平和維持任務団に投じるヘリコプターを寄付する予定だ。

持続可能な平和を達成するために最も重要なことは政治的解決策をすべての努力と戦略の焦点に置くことだ。すべての平和維持任務団は該当国自らが政治的に問題を解決できるよう支援するために存在する。したがって政治的自助策を用意する過程で加盟国の支持が切実だ。

今回の閣僚級会合は各国の指導者がPKOに対する支持を再確認し、PKOが任務に成功できるようさらに努力する契機になると期待される。また、その成果は未来世代にまで影響を及ぼすだろう。いまこの瞬間にも数百万人の命のため毎日命をかけて任務を遂行するPKO要員がいるということを忘れずにいなければならない。

ジャン=ピエール・ラクロワ/国連PKO事務次長

趙顕(チョ・ヒョン)/駐国連韓国大使

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP