주요 기사 바로가기

「毛沢東・BTS合成」写真を持ちBTSコンサート認証…人種差別で物議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.07 10:44
0
ボーイズグループ防弾少年団(BTS)が2年ぶりに米国で開催したオフラインコンサートに、現地の有名ユーチューバー兼インフルエンサーが人種差別論議の余地がある小物を持って入場して「認証写真」を公開し、議論となっている。世界の「ARMY(BTSファンクラブ)」が当該ユーチューバーの過去動画などに言及し、非難が続いている。

非難の中心にある人物は、ツイッターとユーチューブで「twomad」(本名・ムーディー・セディック)という名前で活動するカナダのユーチューバーだ。ツイッターではフォロワー84万4000人、同名のユーチューブチャンネルでは登録者225万人を擁するインフルエンサーだ。ツイッターとユーチューブには共に「認証」マークまで受けた大物だ。

セディックは3日(現地時間)、自身のツイッターにBTSの公演が開かれた米国ロサンゼルス(LA)SoFi(ソーファイ)スタジアムで撮った写真2枚を投稿した。胸には中国の毛沢東とBTSメンバーの1人を合成したものと推定される写真を掲げ、頭にはベトナムの伝統的帽子「ノンラー」をかぶった姿だった。体には東洋風に見えるガウンを羽織っていた。

セディックが写真を上げると「人種差別主義者に対する措置を求める」、「攻撃的だ」、「こんなことをする意図が何なのか」など非難を帯びたリプライがあふれた。あるツイッターユーザーは「(セディックに対する)非難は彼が更に多くのお金を稼げるようにする」と忠告した。セディックが非難を誘発するコンテンツを自身の有名税と金儲けに利用しているという意味だ。

セディックと現地のK-POPファンの間の悪縁は以前から続いている。2019年6月にはユーチューブに「K-POPファンを刺激するな」(Do NOT MESS with K-POP STANS)というタイトルの動画を上げた。タイトルとは異なり、K-POPファンを嘲笑する内容だ。

特に、マクドナルドがBTSセットを世界50カ国以上で発売し、センセーションを起こした当時、ユーチューブに「BTSのジミンの扮装でマクドナルドに潜入する」(Sneaking into McDonalds as Jimin from BTS)というタイトルの動画を公開し、BTSとファンを嘲笑した。6月12日に公開されたこの動画には、セディックが滑稽な光る衣装と王冠を着用して顔と体を白く塗り、マクドナルドに入ってBTSセットを注文する様子を映している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「毛沢東・BTS合成」写真を持ちBTSコンサート認証…人種差別で物議

    2021.12.07 10:44
    뉴스 메뉴 보기
    米国で活動するカナダ人ユーチューバー「twomad」が3日(現地時間)、BTS公演が開かれたロサンゼルス・SoFiスタジアムを背景に撮って公開した写真[写真 ツイッターキャプチャー]
    TOP