주요 기사 바로가기

「オミクロン株」名付けられる3日前、すでに米国に上陸していた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.06 09:44
0
新型コロナウイルスの新たな変異株であるオミクロン株に名前が付けられる前にこの変異株がすでに米国に上陸していたとニューヨーク・タイムズが5日に報道した。

同紙は米ミネソタ州の最初のオミクロン株感染者と確認された男性が先月23日に新型コロナウイルス陽性判定を受けたとしてこのように伝えた。彼は遺伝子分析を経て1週間後にオミクロン株感染者と確認された。

先月23日は世界保健機関(WHO)が新たな変異株「B.1.1.529」をオミクロン株と命名し、これを「懸念される変異株」に指定した先月26日よりも3日早い。

南アフリカがWHOにオミクロン株を報告したのも先月24日だった。

男性は「私は事実上(オミクロン株の)最初の感染者となる」としながらも、自身がどうして感染したのかは依然としてなぞだと話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「オミクロン株」名付けられる3日前、すでに米国に上陸していた

    2021.12.06 09:44
    뉴스 메뉴 보기
    オミクロン株のスパイク3Dイメージ(右側の四角の中)はオミクロン株でスパイク部分イメージだけを別途表示した。金宇柱(キム・ウジュ)教授は「丸い形のウイルスから突起部分のスパイクだけを別に取り外してイメージを実現したものと理解してほしい」と説明した。[写真 世界保健機関ホームページ、バンビーノ・ジェズ病院ツイッターキャプチャー]
    TOP