주요 기사 바로가기

英国政府諮問機関「コロナに今後5年間苦しむことも」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.06 08:22
0
英国で今後5年間は新型コロナに苦しむかもしれないという見方が出てきた。3日(現地時間)のサンデー・タイムズ、インディペンデントなどは、英国政府にパンデミック(世界的大流行)関連の科学的モデリング結果を提示する専門家グループSPI-Mがこの日、こうした内容の報告書を公開したと報じた。

報告書は「新型コロナは今後少なくとも5年間は英国民健康サービス(NHS)を脅かし、新型コロナが医療体系を圧倒する脅威のない予測可能な風土病状態として定着するまでには少なくとも5年はかかるだろう」と伝えた。続いて、新型コロナワクチンの接種と診断検査は10年以上長期的に必要だと予想した。

多くの専門家は新型コロナは完全に終息するよりも風邪のような風土病(エンデミック)になると予想するが、こうした安定した状態になるまでに5年はかかるということだ。

今回の報告書は11月22日基準の英国の感染状況やワクチン接種の影響などのデータに基づいて未来を予測した。当時は世界に拡大中の新たな変異株オミクロン株が世界保健機関(WHO)に報告される前であり、今回の報告書にはオミクロン株関連の状況は反映されていないという。

サンデータイムズによると、英イーストアングリア大学のポール・ハンター教授は「オミクロン株が最後の変異株になる可能性は非常に低いとみている。感染は今後も続くだろう」と予想した。その一方で「感染しても新型コロナが重症を起こさない状況がくれば新型コロナの大流行は終わる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    英国政府諮問機関「コロナに今後5年間苦しむことも」

    2021.12.06 08:22
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP