주요 기사 바로가기

「火山灰が柱のように吹き出して暗黒に変わった」 インドネシア・ジャワ島で110人死傷

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.06 08:05
0
インドネシア・ジャワ島の東に位置するスメル火山では今月4日(現地時間)に大型噴火が発生して13人が亡くなり98人の負傷者が発生した。火山の噴火により、12キロメートルに達する火山灰の柱が東ジャバ州ルマジャン地域を襲い、追加の人命被害も懸念されている状況だ。

5日(現地時間)、ロイター・AP通信など外信によると、インドネシア国家防災庁(BNPB)はこの日、スメル山の噴火で13人が亡くなり妊婦2人を含む98名が負傷したと発表した。BNPBは噴煙が視界を遮り移動が難しい状況で今まで902人の住民が退避したと明らかにした。

インドネシア当局は救助隊を現地に急派し、孤立した住民の救出や救援物資の提供などに乗り出した。当局は、前日には火山近隣の鉱山に孤立した10人を救助した。噴火の衝撃により多くの建物が破損し、熱気と火山灰のために窒息死した家畜も続出した。APはBNPBを引用し、負傷者のうち57人が火傷などで入院してこのうち16人が危篤だと伝えた。

ルマジャン地域の責任者は「分厚い火山灰の柱のために周辺の村が暗黒に変わった」とし「数百人の住民が臨時退避所に避難したり他の安全な地域に離れたりした」と説明した。この責任者は「停電により退避に困難を強いられた」とし「雨が降ったことで火山灰と溶岩が混ざり合い、厚い泥となってルマジャンと近隣大都市マランをつなぐ橋を押し流した」と明らかにした。

BNPBは火山噴火区から半径5キロメートル以内の接近を禁止する命令を下した。インドネシア交通省も火山灰が5万フィート(15.24キロメートル)の高さまで吹き上がると予想し、航空会社に火山近隣の航路を回避するように案内したと明らかにした。

今回のスメル火山の噴火は頂上にあった溶岩ドームが崩れて発生したという。インドネシア地質学研究所のEko Budi所長はAPに対して「数日間降った雷雨によって、海抜3676メートルのスメル山の頂上を覆っていた溶岩ドームが崩壊した」とし「(これによる)火山で噴出したガスと溶岩が土曜日(4日)に少なくとも二度にわたって800メートル移動し、近隣の川に流れて行った」と話した。

インドネシアは「火の環(わ)」と呼ばれる環太平洋造山帯に位置していて火山と地震活動が頻繁に発生している。スメル火山はジャワ島で最も標高が高い火山で、昨年12月と今年1月にも噴火していたことがあるが当時は人命被害がなかった。

一方、欧州地中海地震学センター(EMSC)はこの日午前8時47分、インドネシア・モルッカ諸島ハルマヘラ島北部の海上でマグニチュード(M)6.0の強震が発生したと明らかにした。ハルマヘラ島はスメル火山と約2000キロメートル離れている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「火山灰が柱のように吹き出して暗黒に変わった」 インドネシア・ジャワ島で110人死傷

    2021.12.06 08:05
    뉴스 메뉴 보기
    ※記事内容とは直接関連のない資料写真です。 [Pixabay]
    TOP