주요 기사 바로가기

南アフリカ国立伝染病研「オミクロン株、再感染の危険3倍高める」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.12.03 09:29
0
南アフリカ共和国の国立伝染病研究所(NICD)が新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について再感染リスクが3倍ほど高いと明らかにした。

ロイター通信の2日(現地時間)の報道内容によると、南アフリカの伝染病モデリング・分析センター(SACEMA)と保健省傘下のNICDは、オミクロン株がデルタ株やベータ株と比べて3倍の再感染リスクを持つ、と明らかにした。

NICDなどは「最新の発見によると、オミクロン株が以前の感染で形成された免疫を回避する能力を持つという疫学的な証拠がある」と伝えた。

これに先立ちNICDの微生物学者アン・ボン・ゴートバーグ氏も世界保健機関(WHO)が開いたオンライン記者会見で似た見解を示している。オミクロン株のために南アフリカで新型コロナ再感染が増加しているという分析だ。

またNICDはこの日の声明で「昨年3月から今年11月27日までの南アフリカの定例的監視データを分析した結果、オミクロン株の再感染リスクプロフィールは第2波、第3波のベータ株やデルタ株に関連するものより相当高い」と明らかにした。

NICDによると、12月2日の南アフリカの新規感染者数は1万1535人。以前の3日間は2273人(11月29日)、4373人(11月30日)、8561人(12月1日)と、ほぼ2倍ずつ増えた。10日前の南アフリカの一日の新規感染者数は312人だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    南アフリカ国立伝染病研「オミクロン株、再感染の危険3倍高める」

    2021.12.03 09:29
    뉴스 메뉴 보기
    オミクロン株のスパイク3Dイメージ(右側の四角の中)はオミクロン株でスパイク部分イメージだけを別途表示した。金宇柱(キム・ウジュ)教授は「丸い形のウイルスから突起部分のスパイクだけを別に取り外してイメージを実現したものと理解してほしい」と説明した。[写真 世界保健機関ホームページ、バンビーノ・ジェズ病院ツイッターキャプチャー]
    TOP