주요 기사 바로가기

5年間工事したソウル市内の地下道路、開通3カ月で浸水

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.30 15:47
0
豪雨でもなかったが、開通から3カ月しか経っていない西部幹線地下道路の一部の区間が30日に降った雨で浸水した。復旧作業のために一部区間が通行止めとなり、市民の出勤などに大きな影響が及んだ。排水ポンプの誤作動が原因と推定される中、ソウル市は原因の把握を進めている。

ソウル市と西部幹線地下道路を運営する西ソウル都市高速道路(株)によると、この日午前7時20分ごろから西部幹線道路区間のうち「城山(ソンサン)大橋→イルジク方向」の2車道が通行止めとなった。通行止めの案内に接していない車が迂回しながら出勤時間帯に交通がまひするなど大きな混乱を招いた。

地下道路内の排水ポンプの故障が原因と伝えられている中、ソウル市は正確な浸水原因を把握中と明らかにした。ソウル市の関係者は「雨による浸水でないのは確実」とし「内部の装置に問題があったかどうかなどを調べている。復旧と原因の把握を同時に進行中」と伝えた。

地下道路内には排水ポンプが設置されていて、雨が降ったり地下道路内に水が流入する場合、内部の水を除去する。しかしこの日は排水ポンプの作動に何らかの問題が発生して浸水したと、ソウル市と運営会社側は推定している。ソウル市は地下道路設計上の問題や欠陥の有無なども確認する計画だ。ソウル市によると、竣工後3年間は瑕疵補修保証期間という。この期間に発生した問題は運営会社と施工会社が責任を負って是正措置を取るというのがソウル市の説明だ。

西部幹線地下道路は2016年に工事が開始され、5年後の今年9月1日に正式に開通した。ソウル市の永登浦区(ヨンドンポク)と衿川区(クムチョング)を地下で連結し、地下80メートルに総延長10.33キロ、往復4車線で建設された。民間資本事業で建設された有料道路(2500ウォン、約240円)で、ソウル市は地下道路の開通で一日5万台の近隣交通量を分散できると期待した。市費2352億ウォンに民間資本5267億ウォン(計7619億ウォン)が投資された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP