주요 기사 바로가기

全経連「今年の輸出額は過去最高、就職誘発効果は低下傾向」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.30 15:15
0
今年の韓国の輸出額は6000億ドルを超えて過去最高となり、2024年には輸出7000億ドル時代に入るという見方が出てきた。しかし輸出の就職誘発効果は2016年以降、低下傾向が続いていて、対策が必要だと指摘されている。

全国経済人連合会(全経連)は12月5日の「貿易の日」を控え、最近の韓国の輸出の特徴と輸出7000億ドル達成に向けた課題を分析し、30日に発表した。全経連の関係者は「今年1-10月の輸出が前年同期と比較して26%増加した」とし「今年1年間の輸出額は6450億ドル前後と見込まれ、過去最高になるだろう」と説明した。

また、早ければ2024年に韓国が年間輸出7000億ドル時代に入ると予想した。過去5年間(2017-21年)の年平均輸出増加率(3%)が持続するという仮定で分析した。年間輸出額が7000億ドル以上の国は、新型コロナ事態以前の2019年を基準に中国、米国、ドイツ、オランダ、日本の5カ国にすぎない。

韓国の輸出は2011年に5000億ドルを達成して以降10年間は5500億ドル水準にとどまった。2019年基準で13大主力輸出品目の場合、半導体と一般機械を除いた11品目は2011年に比べて輸出規模が減少している。

しかし全経連は過去10年間停滞した輸出が今年2けた成長し、今後も良好な成長が続くとみている。全経連の関係者は「二次電池、バイオ・ヘルス、有機発光ダイオード(OLED)、電気自動車など新しい成長動力に対する先行投資の結実が新型コロナをきっかけに表れ始めた」と分析した。

グローバル貿易が新型コロナの影響から抜け出して2025年まで3%台半ばの成長が予想される点もプラス要素の一つだ。スタンダードチャータードグループは25日、韓国の輸出が今後10年間に年平均7%ほど増え、2030年に1兆ドルに迫ると予想した。

ただ、報告書は輸出の就職誘発効果が低下している点を韓国経済の課題だと指摘した。輸出の雇用創出寄与度は2016年以降、低下傾向が続いている。半導体の輸出比率が20%近いが、この分野は雇用創出効果が相対的に少ないのが問題だ。

全経連のキム・ボンマン国際協力室長は「就職誘発効果が低い高付加価値品目の輸出が増加するなど、輸出構造の質的な高度化が進行している」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    全経連「今年の輸出額は過去最高、就職誘発効果は低下傾向」

    2021.11.30 15:15
    뉴스 메뉴 보기
    SKハイニックスの京畿道利川(イチョン)半導体工場。 [写真 SKハイニックス]
    TOP