주요 기사 바로가기

台湾、韓米など7カ国からの技術・人材・部品支援で対中国潜水艦建造中

ⓒ 中央日報日本語版2021.11.30 10:00
0
台湾が米国・韓国など7カ国から技術、人材、部品などを秘密裏に調達して対中国現代式ディーゼル推進潜水艦を建造していると、ロイター通信が29日報じた。

報道によると、米国は潜水艦の戦闘システム部品、ソナーなど製造に必要な核心技術を支援した。英国は過去3年間、潜水艦技術を保有する企業が台湾に部品、技術、関連ソフトウェアなどを輸出することを承認した。また、韓国、オーストラリア、インド、スペイン、カナダの5カ国出身の技術者と元海軍将校を台湾が雇用したと、ロイター通信は伝えた。

台湾は過去20年間、現代式ディーゼル潜水艦を購入しようとしたが、各国は中国の反応を意識して販売しなかったという。このため台湾は2017年に潜水艦の建造に着手した。プロジェクトに投資される予算は最大160億ドルという。中国外務省の報道官は「台湾当局が潜水艦建造のため外部勢力と結託している」とし「台湾に軍事的支援をするのは正しくない選択」とロイター通信に話した。

台湾は2025年までにディーゼル推進潜水艦1隻を完成させることを目標にしている。全体の建造計画は8隻という。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    台湾、韓米など7カ国からの技術・人材・部品支援で対中国潜水艦建造中

    2021.11.30 10:00
    뉴스 메뉴 보기
    韓国軍の潜水艦 [写真 国防広報院]
    TOP