주요 기사 바로가기

悩みが深くなる韓国自営業者 「売上に致命的打撃を受ける可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.30 09:57
0
「ウィズコロナ」(段階的日常回復)で久しぶりに活気を取り戻しつつある航空・旅行業界が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新しい変異株「オミクロン株」の出現に緊張している。年末の書き入れ時を控えた自営業者の悩みも深まっている。旅客収益が唯一の格安航空会社(LCC)は非常事態に陥った。チェジュ航空は来月1日から釜山(プサン)-サイパン路線を運航する計画だったが15日に運航時点を延期した。

オミクロン株が拡大すれば大型航空会社が運航してきた既存の国際線路線も中断あるいは縮小を避けられなくなる。大韓航空関係者は「国内外当局の海外入国制限方針が追加で出てくれば運航スケジュールが変動する可能性がある」と話した。差し当たって日本政府が30日からすべての外国人の新規入国を原則的に禁止すると明らかにした。大韓航空関係者は「すべての航空会社が日本の入国制限により路線運航の検討に入った」と説明した。南アフリカ地域の路線はかなり以前から運航を停止した状態だ。

旅行業界も失望する雰囲気が歴然と広がっている。最近ホームショッピング・オンラインショッピングモールなどは旅行会社と提携して欧州旅行商品を先を争って出していた。だが、オミクロン株事態で関連商品発売が急減した。ECサイト「インターパーク(Interpark)」は今週と来週出発予定だった欧州旅行商品の一部を中止した。

飲食店やカフェ業種などの自営業者も不安な表情を隠せない。韓国外食業中央会広報局長のイ・チョル氏は「食堂に防疫パスを導入すれば客の減少は不可避」とし「売上に対して致命的な打撃を受けると思う」と予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP