주요 기사 바로가기

「防疫鋼鉄長城」自画自賛の中国、五輪への影響防ぐため焦燥(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.30 09:03
0
中国北京冬季五輪が67日先に迫る中で新型コロナウイルスの変異ウイルスであるオミクロン株の登場に中国が緊張している。まだ中国国内でオミクロン株感染者は確認されていない。しかし11日に香港に到着した南アフリカからの旅行客がオミクロン株に感染していることが確認された。滞在中のホテルの向かいの部屋に隔離されていた人がワクチンを接種していたのにブレークスルー感染した事実が確認されると、香港は27日に南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエなどアフリカ8カ国からの入国者を全員隔離することにした。

中国では28日に21人の新規感染者が発生した。いずれも国境周辺だ。ロシア国境に近い内モンゴルのフルンボイルで20人、ミャンマーとの国境を接する雲南省徳宏で1人が確認されたと国家衛生健康委員会が29日に発表した。

北京市は「ゼロコロナ」鉄甕城の構築に入った。感染者が発生した地域から帰ってくる住民に14日間の隔離を義務づけるだけでなく進入を禁止されることもあると警告する。ほとんどの企業は従業員の中国国内出張を中断させた。事実上地域間移動が禁止された。

中国国粋主義新聞の環球時報が29日の社説で「中国が真の鋼鉄長城」という社説を掲載し、「ゼロコロナ政策」の優越性を宣伝した。

こうした努力にも中国の悩みは深まっている。ウイグル、香港、チベットの人権弾圧を前面に出して米国と英国などが「外交的ボイコット」を検討しているところに、性暴行を告発したテニススターの彭帥さんをめぐる波紋に続き、オミクロン株まで3つの暗雲が襲ってだ。

まず官営メディアは中国のゼロコロナ政策の優越性を誇示する宣伝戦を始めた。世論不安を防ぐための措置だ。中国国粋主義メディアの環球時報は29日の社説で「中国はいま世界のウイルス感染に対抗する真の鋼鉄長城だ」と主張した。中国のゼロコロナ政策に追加措置は必要ないとした。同紙は「ブリンケン米国務長官は南アフリカがオミクロン株情報をいち早く知らせたと称えながら忘れずに中国を非難した。現実の波は米国と西側政治家に中国の防疫成就が最終的に歴史のページに光を放つことを教えている」と宣伝した。

多少中立的な新京報の論調は雰囲気が異なる。この日「防疫の力を維持しオミクロン株に対応しなければ」という社説で、「耐え忍ぼうという言葉がすべて。偶然の幸運を望まず、緩まず常に科学的な防疫精神と高効率の対応能力を信じるならば勝利は必ず人類でありわれわれに属するだろう」としながら緊張した語調で防疫を促した。

五輪準備委員会は長考に入った。オミクロン株確認直前である26日に北京の外交使節団を対象に開かれた五輪防疫政策説明会でも具体的な防疫政策は発表しなかった。10月に発表されたプレーブックでワクチンを接種した選手団と取材陣の場合には隔離なく閉鎖式ルーフの中で管理すると明らかにするのにとどまったと北京の消息筋が伝えた。ロシアのプーチン大統領が開会式参加を発表した状態で貴賓ら外交使節団に適用する具体的な防疫方針は出されなかった。 「防疫鋼鉄長城」自画自賛の中国、五輪への影響防ぐため焦燥(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「防疫鋼鉄長城」自画自賛の中国、五輪への影響防ぐため焦燥(1)

    2021.11.30 09:03
    뉴스 메뉴 보기
    2022年北京冬季五輪のマスコット「氷(ビン)ドゥンドゥン」(左)とパラリンピックのマスコット「雪容融(シュエロンロン)」。
    TOP