주요 기사 바로가기

オミクロン株に驚いた世界、旅行客入国を相次いで遮断(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.29 15:47
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新たな変異株(B.1.1.529)であるオミクロン株の恐怖が世界を襲っている。オミクロン株ウイルス外部突起(スパイク)タンパク質で従来の変異株に比べて倍ほどにあたる32カ所で突然変異が発見された新たな変異株だ。

AP・ロイター通信とBBC放送などによると、オミクロン株は今月初めにアフリカ南部の南アフリカ共和国・ボツワナで報告された後、28日までに英国・ドイツ・イタリア・ベルギー・チェコ・オーストラリア・香港・イスラエル・オランダ・デンマークなど少なくとも12カ国に広がっている。世界保健機関(WHO)はオミクロン株を「注目すべき変異株(VOI)」段階を飛ばして直ちに「懸念される変異株(VOC)」に分類した。VOIは感染力・重篤度の増加が観察される段階で、VOCは感染力・重篤度の増加とワクチン・治療効能減少の証拠がある時に指定する。

これに伴い、米国が27日に南アフリカ・ボツワナ・エスワティニ・ジンバブエ・ナミビア・レソト・モザンビーク・マラウイなどアフリカ8カ国を出発あるいは経由した旅行者の入国を制限するなど各国が非常事態に陥った。韓国は28日0時からアフリカ8カ国から入国するすべての外国人の入国を遮断した。

米アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は27日、NBCのインタビューに対して「オミクロン株が米国で発見されても全く驚かない」としながら「新たな変異株は感染力が強く、旅行禁止は時間稼ぎにすぎない」と話した。ファウチ氏は「感染性よりも、デルタ株に感染したときより症状が深刻なのかどうかが重要だ」と説明した。

◆ファウチ氏「オミクロン株の途方もない感染力、入国禁止は時間稼ぎにすぎない」

オミクロン株の感染力が従来の優勢株であるデルタ株よりも強いという見通しが出てきて世界各国は先制的措置に出た。特に最近新型コロナ再拡大に苦しめられてきた欧州国家ではオミクロン株の感染事例まで報告されて非常事態に陥った。欧州連合(EU)の加盟27カ国は27日、アフリカ南部からの旅行客の入国を一時的に制限することで合意した。イタリアは過去2週間にこの地域を訪問した旅行客の入国を禁止し、フランスは48時間この地域からの航空便の入国を中断するなど国別に具体的な対応に出た。

EU非加盟国の英国はアフリカ南部から来る航空便の入国を28日一時中断した。オランダとベルギーは当面カフェや文化施設などを早く閉めるようにするなど防疫措置の強化にも乗り出した。イスラエルはすべての外国人の入国を禁止する「国境全面封鎖」に出た。ナフタリ・ベネット首相は28日、声明を出して国境封鎖措置をまず14日間行う予定だと明らかにした。

香港政府は27日0時から南アフリカ・ボツワナ・マラウイなどアフリカ南部8カ国から来る旅行客の入国を禁止した。シンガポールもこの日から過去2週間で南アフリカなどアフリカ南部の訪問履歴がある旅行客の入国と乗り換えを許可しないことにした。 オミクロン株に驚いた世界、旅行客入国を相次いで遮断(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP