주요 기사 바로가기

韓国、「企業賄賂リスクの低い国」21位…北朝鮮は最下位

ⓒ 中央日報日本語版2021.11.29 13:19
0
世界194カ国の中で韓国の企業賄賂リスクが21番目に低いことが分かった。

29日、米国リスク管理コンサルタント「トレース(TRACE)」は「2021贈収賄リスク指数(Trace Bribery Risk Matrix 2021)」を発表した。

トレースは▼政府との相互作用(Opportunity)▼贈収賄防止および法執行取り締まり(Deterrence)▼政府および民間業務透明性(Transparency)▼民間監督能力(Oversight)--など4項目に基づいて評価した。

トレースが調査した194カ国の中で最もリスクが低い国はデンマークとなった。デンマークは4項目の総点が2点にとどまった。この指数は点数が低いほど賄賂リスクが低いことを意味する。2~4位はノルウェーとスウェーデン、フィンランドが占めた。この他にドイツ(6位)、オランダ(7位)、スイス(8位)、英国(9位)など欧州が上位圏の大部分を占めた。

アジアでは台湾が15位を記録して最もリスクが低いことが分かった。日本(18位)とシンガポール(19位)がこの後に続いた。韓国は21位、香港は25位、中国は135位を記録した。

最下位は北朝鮮だった。トルクメニスタンとベネズエラ、ソマリア、南スーダンなども下位圏に位置した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP