주요 기사 바로가기

新しい変異株の命名は中国の顔色伺い?…WHO「Xiはよくある姓なので除外した」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.29 09:45
0
世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)変異株ウイルスの名称を「オミクロン」にしたことを巡り「中国の顔色伺い」ではないのかという主張が拡散し、WHOが火消しに乗り出した。これまでWHOはコロナウイルスで変異株が出てくるとギリシャのアルファベット順に従って名前をつけてきた。今まで12番目のアルファベット「ミュー」まで使われているため、専門家は新しい変異株ウイルスの名前は次の「ニュー」になると予想していた。

だが、WHOは「ニュー」とその次の「クサイ」を飛ばして「オミクロン」を新しい名称として26日に発表した。WHOが変異株ウイルスの名前をつける際にこのように順番を飛ばしたのは初めてだ。

これについて、「クサイ」の英語発音である「xi」が中国の習近平国家主席の英語圏発音である「Xi」と同一で、WHOがわざとクサイを飛ばしたのではないかという主張が提起された。米国共和党上院議員のテッド・クルーズ氏はツイッターに「WHOが中国共産党をこれほどまでに恐れているのなら、次に中国が致命的な世界的パンデミック(大流行)を隠匿しようとしたとき、WHOが中共にアウトを宣言するとどうしたら信じられようか」と非難した。英紙テレグラフのPaul Nuki上級エディターはツイッターに「xiは特定地域に烙印を押すことを避けるためのものだったとWHO消息筋は伝えた」とし「すべてのパンデミックは本質的に政治的だ」とした。

WHOはAP通信に「『ニュー』は英語のニュー(new)と混同しやすいため、クサイはシー(Xi)がよくある姓なので使用しなかった」とし「われわれは特定の文化、社会、国家、地域、民族、職業群に対する攻撃を防ぐ疾病の命名法に従っている」と説明した。APはWHOの説明が「2015年5月に発表された文書『ヒトの新興感染症の命名に係る最良規範(best practices for the naming of new human infectious diseases)』に基づいたもの」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    新しい変異株の命名は中国の顔色伺い?…WHO「Xiはよくある姓なので除外した」

    2021.11.29 09:45
    뉴스 메뉴 보기
    中国の習近平国家主席
    TOP