주요 기사 바로가기

オミクロン株の恐怖、WHOは危険把握できていないのに…米国「第5波」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.29 08:23
0
新型コロナウイルスの新たな変異株であるオミクロン株が南アフリカをはじめ欧州各国に広がっているが、世界保健機関(WHO)は危険性を把握するのに時間がさらにかかるとの見通しを示した。米国ではオミクロン株の感染拡大が既定事実化し第5波の可能性まで占われている。

ロイター通信によると、WHOは28日に声明を通じオミクロン株の感染力と重症化リスもなどがまだ明確に把握されていないと明らかにした。

WHOは予備データを見ると南アフリカの入院率が上昇しているが、これはオミクロン株のためというよりは全体的な感染者数増加のためかもしれないと言及した。現時点ではオミクロン株の症状が他の変異株と異なると言えるほどの情報がなく、深刻性を把握するまでには数日から数週間かかると予想した。

米国ではオミクロン株が免疫保護を回避するのではという懸念が出ている。

米国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長はこの日NBCに出演し、「このウイルスの主な機能をする末端部分の極めて重要なスパイク蛋白質に32個以上の突然変異があるという事実が悩みの種」と明らかにした。

ウイルスの受容体結合ドメイン(RBD)が人の鼻咽頭と肺にある細胞と結合し、クローン抗体や感染後の回復期に血清から得られた免疫保護を回避しかねないという主張だ。

ABC放送でファウチ所長は、まだ米国でオミクロン株は見つかっていないと伝えた。しかし彼は「すでにさまざまな国で広がっているため必然的にここにもあるだろう」と話した。

米国が現在第5波に入っているのかとの質問にファウチ所長は「確実にそうなる可能性がある。次の数週間から数カ月間に私たちがすることにかかっている」と強調した。

実際にオミクロン株が免疫を回避できるのかわかるには時間がかかる見通しだ。米国立保健研究所(NIH)のコリンズ所長はフォックスニュースでこうした事実を把握するためには2~3週間かかるだろうと予想した。

その上で彼は「ブースター接種を待つ人やまだ接種していない人ならば、オミクロン株は接種すべきまた別の理由」とワクチン接種とブースター接種を促した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    オミクロン株の恐怖、WHOは危険把握できていないのに…米国「第5波」

    2021.11.29 08:23
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP