주요 기사 바로가기

韓国の男嫌女嫌の本質は…政界が悪用

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.28 13:21
0
少し前に仁川(インチョン)の婦人警官の未熟な対応をめぐり再びフェミニズム議論に火がつきました。正義党の張恵英(チャン・ヘヨン)議員と「国民の力」の李俊錫(イ・ジュンソク)代表、ここに陳重権(チン・ジュングォン)元教授まで加わって舌戦を行いました。一部では政界が20代の男女対立を政争の素材に使っているという指摘も出ています。何が正しいのでしょうか。

議論の始まりは張議員です。SNSで「フェミニズムが嫌なら女性を殺すな」としたのです。交際過程で起きている男性加害者による殺人犯罪が続いているためです。すると李代表は「男性は潜在的加害者というフレームは消えなければならない」と批判しました。

「(特定事例を)一般化するな」という彼の指摘は正しいです。しかし李代表が20代男性のフェミニズム拒否感を政治的に利用した側面もなくはありません。「コ・ユジョン事件」まで引き込んだのは男性加害者が圧倒的に多い交際殺人の本質を抜け出しました。さらに現場を抜け出したのは男性警官も同じでした。

◇政治家らが偏向的に動員

政治学者のシャットシュナイダーは政治家が多く使う手法として「偏向性の動員」を語ります。社会には多様な対立が存在するが、支持層結集のために自分に有利なことを騙って膨らませるという話でしょう。ここに陥らないようにするには客観的な現実と作られた対立構図を明確に区分しなければなりません。

慶熙(キョンヒ)大学社会学科のチョン・ゴウン教授は語ります。「20代男性が感じる逆差別の本質は女性に対する不便さというよりは就職や結婚などゲームの法則に対する憤怒に近いです。依然として家父長的認識が存在する状況で低成長時代に就職が難しくなった男性が女性割当制・男性軍服務制などに注目し批判的立場を持つようになったのでしょう」。

反対に女性は私的領域の差別に注目します。同等な教育的成就と能力を備えているのに、女性に育児と家事活動が集まっているからです。結局20代男女ともに差別を感じるが、差別の領域と準拠集団が違います。理解の幅が違うために起きた問題なのでしょう。しかし政界は接点を見いだすよりはどちらか一方にだけ肩入れしています。

◇特権享受したのは父の世代

20代男性は「男としての特権を享受したのは父の世代なのに、私たちに何か言われるのでくやしい」と考えることができます。現在の50~60代は男性特権が存在しました。1970年の20歳前後の女性のうち大学生の割合は3.3%にしかなりません。そのため50~60代の男性は女性を競争者として認識しにくかったのです。数的に少なく、就職後も出産・養育を理由に会社を辞めるケースが多かったのです。

これに対しいまは違います。昨年大学の新入生は男女性比が全く同じです。むしろ9級公務員合格者のうち女性の割合が55%と圧倒的です。ソウルの公立中等教員合格者は80%が女性です。集団脅威理論の観点から見れば就職時と進学時に競争者と思わなかった女性が、いまは強力な競争者になり、男性の危機意識が大きくなるのです。

ここに経済難まで重なり父の世代に比べてさらに少ない資源をめぐって激しい競争を行っています。コ教授は「時代は変わったのに男性には依然として生計扶養者モデルが、女性には養育者モデルが適用される側面がある。性役割認識が社会変化に追いついていない『文化遅滞』現象」と分析します。

◇政治に汚染されたフェミニズム

陣営論理に捕獲されたフェミニズムも問題です。朴元淳(パク・ウォンスン)前市長事件の際に「被害を訴える人」と主張した女性政治家が代表的でしょう。フェミニズムの本質は平等と公正なのに、女性政治家の偽善的行動でフェミニズムが汚染されるのです。当時「国民の力」の韓茂景(ハン・ムギョン)議員は「女性運動家の仮面をかぶった『女性運動を訴える人』の素顔」と批判しました。

スウェーデンはエコノミストが毎年選定する「ガラスの天井指数」1位の国です。最近では「男女平等」を超え、「性別を問わない社会」に進んでいます。ハルグレン元スウェーデン大使はこのように話しました。「男女平等議論はすべての国民の潜在力を最大限活用する常識に帰結される」というものです。

女性であれ男性であれだれも差別を受けてはなりません。スウェーデンは法的に女性だけ優遇することもせず、生物学的差が存在する部分まで人為的な割当もありません。「MeToo」もやはり男女ではなく権力関係と考えます。韓国社会に献饌な平等が定着するには政界から変わらなければなりません。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP