주요 기사 바로가기

公正と公正がぶつかり合う…BTSの兵役特例めぐる奇妙な戦争(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.28 11:36
0
議場外からもこうした声が出てきた。「国民の党」の安哲秀候補はこの日フェイスブックに「文化芸術分野に限定しても、純粋芸術は対象になるのに大衆芸術は対象にならない理由も納得しがたい。『21世紀のビートルズ』というBTSの音楽とパフォーマンスの芸術的価値がクラシックジャンルに満たない理由はない」と投稿した。

BTSの兵役特例適用を反対する側からも同じく掲げるのが「公正性」だ。「兵役義務対象である20代男性の剥奪感を考慮すれば特例は公平性に外れる」という論理だ。相当数の20代男性は「BTSは莫大な富と国際的名声を通じて十分な補償を受けているのに、彼らに兵役特例の恩恵まで与えるのは公正とは距離が遠い」とみている。

実際に6月1日に韓国取引所に掲載されたBTS所属事務所のハイブの投資説明書を見ると、BTSの入隊を「お金の問題」からアプローチしている。当時投資説明書には「当社の主要アーティストであるBTSは1992年生まれないし1997年生まれの現役兵入営対象メンバーで構成されており、(中略)主要収益源であるアーティストの入隊などによる活動中断が発生する場合、会社の収益性と成長性に否定的影響を及ぼしかねないため…」と記されている。

政権も事実上反対意見を出している。国防部はこの日、プ・スンチャン報道官の会見を通じ、「公平な兵役履行という原則上、芸術体育要員の(代替服務)拡大は慎重であるべき」と明らかにした。

当事者であるBTSメンバーは兵役恩恵を望むという意向を明らかにしていない。数回にわたり「兵役を履修する」と強調した。BTSファンクラブである「アーミー」も2018年に「BTSを政治に利用するな」「アーミーは軍免除を望むと言ったことはない」との立場を明らかにした。

もちろんこの問題をBTSの問題でだけ見ることを警戒する声もある。民主党の金振杓(キム・ジンピョ)議員室関係者は「兵役特例はBTSだけの問題ではなく、20代の男性が敏感に注目する公正性問題と関連したもの。いまより公正な基準とものさしで兵役義務を負わせることがより重要だという側面から政界で注目するもの」と話した。

◇兵役特例をめぐる公正性議論はきのうきょうのことではない。

韓国がベスト4まで進出した2002年のサッカー・ワールドカップ当時、代表チームがベスト16に進出すると「オリンピックとアジア大会の2種類にだけ特例を適用する」という原則を破り、選手らに特別規定に基づく兵役免除の恩恵が与えられた。2006年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ベスト4に上がった選手らも兵役免除を受けている。2つの場合いずれも選手らの労苦を認めるべきという賛成論理に対し公平性に外れるという反対世論もやはり激しかった。

団体戦の場合は1分でも出場した選手だけ兵役免除を受けられるため便法が動員されることもあった。ロンドン五輪男子サッカーの場合、韓国が日本に2対0でリードしており兵役免除を控えていた。こうした状況で五輪では一度も試合に出場していなかったキム・ギヒ選手が試合終了1分を残して交代投入され議論が起きた。

今年開かれた東京五輪では6カ国だけが出場した野球で韓国チームが最低の成績を繰り返しながらも銅メダルを取れる状況になると「国威発揚ではなく嘲弄感」としながら特恵を剥奪すべきという青瓦台(チョンワデ、大統領府)請願が上げられたりもした。 公正と公正がぶつかり合う…BTSの兵役特例めぐる奇妙な戦争(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP