주요 기사 바로가기

「歴代最悪の変異株」…デルタより強力な「ニュー」型、すでに南アを襲っていた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.26 16:08
0
今月11日、アフリカ南部ボツワナで初めて見つかった新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新型変異株ウイルス(B.1.1.529)の急速な拡大で、世界保健機関(WHO)が緊急対策会議を招集した。「歴代最悪の変異株」の可能性に対する警告が出ている中、英国やイスラエルなどはこれら拡大国からの入国禁止を宣言した。

25日(現地時間)、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)などによると、WHOは26日、新型ウイルスB.1.1.529にギリシャのアルファベットを名付けた新しいコード名「ニュー(N)」を付与してこれに対する対策を議論する予定だ。WHOは新型ウイルスの感染力などの特性を考慮して「懸念される変異株(VOC)」や「注目すべき変異株(VOI)」などに指定して管理している。

この日、FTはある関係者の言葉を引用して「WHOはまず新ウイルスをVOIに入れて監視する予定」と説明した。WHOのVOIリストには今年1月にコロンビアで初めて報告されたもっとも最近の「ミュー株」を含めてラムダ、イータ、イオタ、カッパ株などが含まれている。WHO指定のVOCには現在アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ4種がリストインしている。

WHOが11日に初めて報告されたB.1.1.529変異株をVOIとして登録する場合、これは現在の優勢種であるデルタ事例より数カ月以上早い。デルタ株の場合、昨年10月にインドで初めて報告されてから今年4月4日のVOI指定、その後1カ月過ぎた5月11日にVOCに格上げされた。

WHOがこのように素早い対応に出た理由は今回の新型変異株が防疫専門家の間でも「最悪の変異株」という評価を受けているためだ。この変異株はウイルスが宿主細胞に浸透する過程で使われるスパイクタンパク質だけで32の遺伝子変異がある。強い伝播力が特徴のデルタよりも2倍多い。

英国保健安全庁は「新型の変異株が現在新型コロナワクチンが基盤としている従来のコロナとは劇的に異なるスパイクタンパク質を持っている」とし「以前の感染で獲得した自然免疫とすでに発売されているワクチン接種で生成された免疫反応をすべて回避する可能性がある」と発表した。これに先立ち、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの遺伝学者、フランソワ・バロー教授は該当の変異株に対して「コロナに感染したエイズ患者で新型株が発生したとみられる」とし「免疫力が低下した体内でウイルスが長く留まりながら抗体を避ける方向で進化した可能性がある」と分析した。

すでに南アフリカ東北部ハウテン州などでは新型株の感染者が続出している。BBCによると現在までに確認された新規感染者は南アフリカ77人、ボツワナ4人、香港1人など82人となっている。ただし南アフリカ伝染病対応および革新センター(CERI)のオリベイラ所長は「ハウテン地方で新たに報告された新型コロナ感染者1100人中90%ほどは新しい変異株に感染したとみられる」とし「この変異株は南アフリカで2週も経っておらず、デルタ株を圧倒している」と評価した。

8日に一日100人台に留まっていた南アフリカ内の新型コロナ感染者は25日2465人に急増した状況だ。

この日英国保健省のサジド・ジャヴィド長官、ボツワナ・レソト・ナミビア・南アフリカ・エスワティニ・ジンバブエの6カ国を入国禁止対象である赤色国家リストに含めたと発表した。イスラエルも英国が入国を制限した6カ月にモザンビークも含む計7カ国の入国を制限する方針を固めた。

一方、韓国保健福祉部の孫映レ(ソン・ヨンレ)中央事故収拾本部社会戦略班長は26日の定例会見で「韓国疾病管理庁もWHOの協力体系に含まれていて、WHOが入手する情報と議論の結果の共有を受けることになる」としながら「現在まで知らされた情報が多くなく初期段階なので、WHO緊急会議などを通して確認される情報を分析してみて影響を見守る予定」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「歴代最悪の変異株」…デルタより強力な「ニュー」型、すでに南アを襲っていた

    2021.11.26 16:08
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP