주요 기사 바로가기

「今冬、欧州で更に70万人以上死亡する可能性も」WHOがコロナ警告

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.25 15:03
0
世界保健機関(WHO)が来年3月までに欧州で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による死亡者が更に70万人発生する可能性があると警告した。

現在、欧州の累積死亡者は約150万人だ。WHOはロシア、中央アジアの一部の国を含む53カ国を欧州に分類している。先週、この地域のコロナによる死者数は1日4200人で、今年9月末の1日2100人から2倍に増えた。WHOは現在、欧州の死因1位は新型コロナと明らかにした。

欧州のコロナ感染者は9月から急激に増え始めた。当時、1週間の平均新規感染者は110万人だったが、11月末に240万人に急増した。これは世界の新規感染者の67%だ。

特にドイツでは22日基準で直前の7日間の1日平均感染者数が5万1000人を超え、過去最多を記録した。ロシアでは同期間、一日平均1218人の死者が発生し、過去最多を記録した。

こうした中、各国は防疫措置を続々と再導入している。オーストリアは今週から再度全面ロックダウンを実施し、出退勤、食料品の購入や運動などの目的を除くすべての外出を禁止した。来年2月1日からはワクチン未接種者に罰金を課すことにした。

オランダも一部の遊興施設や飲食店の営業を禁止し、スポーツイベントの観客の入場を禁止するなど部分封鎖措置を施行した。

WHOは最近のコロナ拡散傾向は感染力の高いデルタ株、不十分なワクチン接種率、マスク着用、物理的距離確保などの制限措置緩和が複合的に作用したことによると分析した。特に冬を前に、室内の集まりが増えれば、コロナ拡散傾向も悪化する可能性があると警告した。

WHOはまた、欧州諸国に医療従事者と60歳以上の高齢層を対象にブースターショット(追加接種)の拡大を要請した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP