주요 기사 바로가기

中国の人口1160万人急増の謎…2カ月の間に何があったのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.25 07:56
0
中国の人口1100万人余りが新たに発見された。厳格な一人っ子政策のために処罰を避けようと存在が隠されていた子どもを見つけたためだ。

24日、ブルームバーグ通信によると、中国国家統計局が最近発刊した統計年譜によると、2000~2010年の出生児は1億7250万人であることが分かった。2010年11月に10年ぶりに実施された第6回人口調査の結果では、同じ期間の新生児数は1億6090万人だったが、この10余年間に1160万人増加した。数十年間にわたり中国が厳守してきた「一人っ子政策」で、2人目や3人目の子どもを産んでも処罰を避けるために出生届を出さなかったため、このようなズレが生じたものと通信は分析した。

中国人口学者の何亜福博士は「一人っ子政策に反した場合、子女が学校に行く前まで出生届を出さなかったという意味」と説明した。中国は2016年から2人目の子どもを許容した。

特に新たに登録された人の57%は女性だった。男児を好む風潮が作用して女児の出生届を出さなかった可能性があるという主張に説得力を与えている。

通信は、これ以外にも2010年の人口調査が11月1日に実施されたため同年11月と12月出生児が統計から脱落した可能性があると説明した。あわせて「世界で最も人口が多い国の人口を正確に集計することがどれほど難しいかを物語っている」とし「2011~2017年の出生率も上方修正されて2010年以降の出生数計算にも問題があるということを示している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国の人口1160万人急増の謎…2カ月の間に何があったのか

    2021.11.25 07:56
    뉴스 메뉴 보기
    中国の国旗
    TOP