주요 기사 바로가기

<大リーグ>「怪物」大谷のおかげで…スラムダンク「安西先生」になったマドン監督

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.24 10:41
0
「下手くその上級者への道のりは、己が下手さを知りて一歩目」。

米メジャーリーグLAエンゼルスのジョー・マドン監督(67)が朝日新聞のインタビューに応じた23日に着ていたティーシャツに書かれていた日本語だ。マドン監督が率いるLAエンゼルスのスター選手は、日米だけでなく世界の野球界を盛り上げた大谷翔平だ。マドン監督が「スラムダンク」を知ったのも大谷のおかげだった。日本ではマドン監督のニックネームの一つが「安西先生」だ。大谷人気のためロサンゼルス現地に多数滞在する日本の取材陣がマドン監督に「安西先生」のイメージを見せ、マドン監督はこう叫んだという。「これ私ではないか、ブラボー!」。マドン監督はこの言葉を印刷したティーシャツを本人のグッズとして制作するにまで至った。このティーシャツは球団のオンラインサイトで販売中だ。

朝日新聞の今回のインタビューはシーズンを振り返る形で行われた。マドン監督は大谷に満足感を表しながら「多様性」をキーワードとして強調したと、同紙は伝えた。人種および選手のタイプなど多様性を備えることが良い野球の基本という点でだ。マドン監督は朝日新聞に「多様性は強み」とし「多様な考え方や哲学を持った人がいて、彼らを理解しようとしたり、何かを吸収しようとしたりすることは、グループ全体を強くする」と述べた。

マドン監督は「多様性を土台に強く成長するのは決して容易でない」とし「自分と同じような外見や考え方の人にひかれる面があるため」と話した。米国人一色、白人選手を中心にした球団ではなく多様性をキーワードにした球団を作るのが目標であり、その中心には大谷のような非米国人選手がいるという意味と考えられる。マドン監督は実際、大谷だけでなくキューバ、ドミニカ共和国、プエルトリコなど多様な国から選手を迎え入れた。

大谷も同じ考え方だ。朝日新聞は、大谷が「プロ野球の世界はさまざまな文化のさまざまな選手を一つのクラブハウスに集めることに慣れなければいけない」とし「日本から来てもドミニカから来ても私たちは結局は野球選手」と話した、と伝えた。マドン監督について大谷は「野球選手だけでなく一人の人間としても立派な方で尊敬する」と語ったという。日本だけでなく韓国でメジャーリーガーを夢見る選手たちにも示唆する点が多い発言だ。

マドン監督のこうした多様性志向は本人の人生の軌跡と直結している。マドン監督が朝日新聞の記者を呼んだところは、本人が生まれ育ったヘイズルトンという小さな町で、多くの移民者が集まって暮らすところだ。ここも米国の多くの都市のように特定人種の人口比率が高かったが、21世紀に入って多様な人種が集まり始めたという。マドン監督は「最初は元々の住民と移住者の間でもめごとや対立も多かった」とし「しかしお互いを理解するために教育プログラムを多様に運営してきた今は違っていて、多様性は強みだという点が受け入れられた。これは野球でも人生でも同じこと」と強調した。

マドン監督はLAエンゼルスと来年までの契約だ。マドン監督就任後の最初のシーズンの昨年は26勝34敗だったが、今年は77勝85敗と成績も上がった。

大谷は今年、投手・打者・右翼手として大活躍した。米野球記者協会(BBWAA)から満票でMVPに選出された。日本政府は大谷に国民栄誉賞を提案したが、大谷自身は「まだ早い」として辞退したという。大谷は今年「2けた勝利、2けた本塁打」を目標にしたが、惜しくも逃した。達成していれば伝説の選手ベーブ・ルースの記録が103年ぶりに再現されるところだった。

目標を明確に設定するする「マンダラチャート」でも有名な大谷はMVP受賞当日にも普段のようにトレーニングをして早い時間に就寝したという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>「怪物」大谷のおかげで…スラムダンク「安西先生」になったマドン監督

    2021.11.24 10:41
    뉴스 메뉴 보기
    「スラムダンク」の安西先生のキャラクター [中央フォト]
    TOP