주요 기사 바로가기

WSJ「サムスン新半導体工場テイラー市に確定」…ファウンドリー1位に向け加速(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.24 08:18
0
テキサス州オースティン市に続き米国に第2のファウンドリー(半導体委託生産)工場を作るサムスン電子の「スタープロジェクト」(米国内新規工場投資)が事実上終えられた。これまで有力候補地として名前が上がっていたテキサス州テイラー市に最終決定したことがわかった。台湾TSMCを超えてファウンドリー世界1位に上がるというサムスンの「システム半導体2030戦略」に弾みが付くものとみられる。

ウォール・ストリート・ジャーナルは23日、サムスン電子が米国第2ファウンドリー工場建設地としてテイラー市を確定したと報道した。同紙は「早ければ(米国時間)23日午後5時にテキサス州のアボット知事が(投資計画を)正式発表する予定」と明らかにした。韓国時間では24日午前8時だ。ただサムスン電子は「まだ確定したものではない」という立場だ。

今回のサムスン電子の米国投資はサムスン電子の金奇南(キム・ギナム)副会長が5月の韓米首脳会談の際に「米国に170億ドルを投資してファウンドリー工場を構築する」と発表して公式化された。その後サムスン電子はテイラーとオースティン、アリゾナ州グッドイヤーとクイーンクリーク、ニューヨーク州ジェネシー郡の5カ所の候補地をめぐり検討を進め、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の今回の北米出張に合わせて最終指名したという。

人口1万6000人のテイラー市はテキサス州中部のウィリアムソン郡にある。既存のサムスン半導体工場があるオースティン市から48キロメートル離れたところだ。工場が建てられる用地は485万平方メートルでオースティン工場より広い。これに先立ちテイラー市はサムスンのファウンドリーを誘致するために10年間で最大92.5%の財産税を減免するなど破格な税制優遇を承認した。金額では2億9200万ドル規模だ。

ウォール・ストリート・ジャーナルは「サムスン電子がこれに先立ちテキサス州当局に提出した書類に基づいて半導体チップ生産が2024年末に始まるだろう」と予想した。また、サムスン電子の今回の投資決定が8月に李副会長が仮釈放されてから3カ月で出されたという事実にも言及した。続けて「韓国法務部が李副会長の仮釈放を認める際に『経済的効果』を強調した」と付け加えた。

李副会長が米国出張中に新規ファウンドリー投資を終え、TSMCだけでなくファウンドリー市場再進出を宣言した米インテルとの競争はさらに激しくなる見通しだ。TSMCは120億ドルを投資して2024年の完工を目標にアリゾナ州でファウンドリー工場を作っている。インテルもやはり200億ドルを投じてアリゾナ州に2つの半導体工場を作る予定だ。サムスンとしてはTSMCを追撃しインテルを引き離さなければならない局面だ。 WSJ「サムスン新半導体工場テイラー市に確定」…ファウンドリー1位に向け加速(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    WSJ「サムスン新半導体工場テイラー市に確定」…ファウンドリー1位に向け加速(1)

    2021.11.24 08:18
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子米オースティン半導体工場。サムスン電子は新規米国ファウンドリー(半導体委託生産)第2工場建設地をオースティンから48キロメートル離れたテイラー市に決めたという。[写真 サムスン電子]
    TOP