주요 기사 바로가기

「ワクチン接種完了」の定義変わる…イスラエル・オーストリア「3次まで必須」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.19 15:18
0
今年の冬、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の世界流行が減速しなければ「ワクチン接種完了」の意味が従来の2回から3回に変わらざるをえなくなるだろうとCNNが17日(現地時間)、報じた。一部の国家が新型コロナワクチンの追加接種(ブースターショット)の義務化に出ながらだ。

イスラエルは最近、2次接種後6カ月以内にブースターショットを終わらないとワクチンパスを出さないようにし、オーストリアは最近2番目の接種を完了した後9カ月が経過すると「ワクチン接種完了者」地位を自動剥奪してブースターショットを事実上義務化した。

英国のボリス・ジョンソン首相は今月15日、「防疫規制の再導入を防ぐためにはブースターショットが必須」と強調した。フランスのエマニュエル・マクロン大統領は9日「65歳以上の高齢者は12月15日までにブースターショットを打たないとワクチンパスを出さない」と発表した。

米国防疫指令塔である国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は16日、「新型コロナが来年からインフルエンザのような周期的流行病になるためにはブースターショットは必須」と話した。ファウチ所長は今年8月、一時1万人を越えた一日感染者が16日に452人に減少したイスラエルを例に挙げた。イスラエルの2次接種完了率は64%、3次接種率は44%だ。ドイツ(2次接種完了率67.5%)は16日、一日感染者が5万2826人で最多記録を更新し、17日には6万753人に達した。この日英国(68%)3万6821人、オーストリア(64.5%)1万4416人、フランス(68.74%)2万294人の感染者がそれぞれ出てきた。

だが、保健専門家は「そうでなくてもブースターショットは深刻な富国と貧困国間のワクチン格差をさらに悪化させるだろう」と懸念した。現在、低所得国家の接種率は4.6%にすぎず、開発途上国1次接種分の6倍がブースターショットとして使われる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP