주요 기사 바로가기

RFA「北朝鮮で『イカゲーム』が大流行…布団の中でこっそり視聴」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.18 14:08
0
ネットフリックスのオリジナル韓国ドラマ『イカゲーム』が北朝鮮当局の取り締まりにもかかわらず、平壌(ピョンヤン)など大都市を中心に大流行していると、米国メディアのラジオ・フリー・アジア(RFA)が17日報じた。

RFAによると、当局の取り締まりの中でも中国から不法複製された『イカゲーム』の映像が北朝鮮に密搬入され、旋風的な人気を呼んでいる。

北朝鮮国営メディアは『イカゲーム』について「韓国と資本主義社会の実情を表している」とし「極限競争で人類が全滅する韓国資本主義社会の卑怯さを見せている」と非難し、視聴を禁止した。

昨年末には、映像や音楽など西側資本主義メディアを視聴保管または配布した場合、最高死刑に処する「反動思想文化排撃法」が通過した。

しかし中国から密搬入された映像物が北朝鮮に流入して噂が広まり、旋風的な人気を呼んでいる。

ある住民はRFAのインタビューで「『イカゲーム』がUSB、SDカードなどメモリー保存装置で密搬入され、国内で広範囲に広まっている」と話した。

特にドラマに脱北者が登場するため、北朝鮮住民の関心が高いという。女優チョン・ホヨンが演じる脱北者カン・セビョクはサバイバルゲームで最後の3人まで生き残る人物だ。

『イカゲーム』は特に平壌(ピョンヤン)の富裕層と若者に人気がある。平壌の富裕層はドラマの内容が自分たちの状況と似ていると考えていると、複数の北朝鮮情報筋はRFAに伝えた。北朝鮮政権は外貨稼ぎをさせて実績が良くなければ粛清するが、こうした環境が『イカゲーム』と似ているということだ。

RFAは「平壌の市民は夜に布団の中で携帯用メディアプレーヤーでこっそりとイカゲームを視聴している」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    RFA「北朝鮮で『イカゲーム』が大流行…布団の中でこっそり視聴」

    2021.11.18 14:08
    뉴스 메뉴 보기
    イカゲーム
    TOP