주요 기사 바로가기

統合参謀本部副議長「中国の極超音速ミサイル、先制攻撃用にも」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.18 09:39
0
ジョン・ハイテン米統合参謀本部副議長が、中国が7月に試験発射した極超音速ミサイルについて「米国に対する先制核攻撃が可能なレベル」と診断した。

ハイテン副議長は16日(現地時間)、米CBSのインタビューで、7月27日に実施された中国の極超音速ミサイル試験過程について説明した。ハイテン副議長は「中国が発射した長距離ミサイルは南極を通過して地球を1周した後、音速の5倍以上の極超音速(hypersonic)滑降体を目標に落とした」とし「落ちた滑降体は中国国内の目標物に影響を与えることに成功した」と述べた。「滑降体が目標物を直接打撃するのに成功したのか」という質問には、「十分に近かった(Close enough)」と答えた。

米軍制服組ナンバー2のハイテン副議長はこの日、武器開発に対する米国の安易な態度を指摘したりもした。

ハイテン副議長は「私には中国のミサイルが先制攻撃用武器(a first-use weapon)に見えた」と強調し「中国が現在、数百にのぼる新しいミサイル格納庫を建設中である点を考慮すると、中国はいつか米国本土に奇襲核攻撃をする能力を備えることになる。過去5年間に中国は数百回の極超音速兵器の実験をしたが、米国は9回にすぎない」と述べた。

19日に予備役編入を控えたハイテン副議長は最近、繰り返し中国の「軍事崛起」を警告している。ハイテン副議長は先月28日にも国防総省担当記者らに対し「ペンタゴン(米国防総省)は信頼できないほど官僚的で遅い。我々が何かをしなければ、中国がロシアと米国に追いつく状況が近いうちに現実になるだろう」と強調した。

これに先立ちマーク・ミリー統合参謀本部議長もブルームバーグTVのインタビューで、中国の極超音速兵器実験成功について「スプートニクの瞬間(Sputnik Moment)と非常に近い」という発言をした。米国は1957年10月に旧ソ連が世界で初めて人工衛星スプートニク1号を打ち上げた「スプートニクショック」以降、教育課程など社会体制を大幅に修正し、宇宙競争に本格的に参入した。

極超音速ミサイルはロケットで大気中に打ち上げられるという点では従来の弾道ミサイルと似ているが、弾道ミサイルが予測された軌道で飛行するのとは違い、大気圏に再進入した後は地表面近くを飛行して目標物を打撃する武器。レーダーに探知されにくく、回避機動など発射後の操縦も可能で、未来の戦争の「ゲームチェンジャー」になると評価されている。

これに関連しCBSは「数十年間にわたり米国とロシアが核均衡を維持したのは先制打撃能力を獲得できなかったため」とし「中国がその能力を開発しようとすればその均衡は危うくなる」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    統合参謀本部副議長「中国の極超音速ミサイル、先制攻撃用にも」

    2021.11.18 09:39
    뉴스 메뉴 보기
    2017年のカナダ・ハリファクス国際安全保障フォーラムに出席したジョン・ハイテン米国戦略司令官(空軍隊長)。 [ハリファクス安全保障フォーラム提供]
    TOP