주요 기사 바로가기

ファイザー、「コロナ飲み薬」を中・低所得95カ国にジェネリック医薬品を許容

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.17 10:23
0
米製薬会社ファイザーが新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の経口用治療薬(飲み薬)パクスロビド(Paxlovid)を、中・低所得国では特許使用料なしで生産できるようにする予定だとロイター通信などが16日、伝えた。ファイザーは国連国際医薬品購入ファシリティ(UNITAID)傘下の「医薬品特許プール(MPP)」と契約し、世界中・低所得95カ国とパクスロビドの製造免許を共有することにした。

ロイターは「過去5年間、中下位から中上位圏に所得水準が転換された国も恩恵を受けることになり、世界人口の約53%が今回の契約の恩恵を受けることになる」と報じた。先進国に属する韓国はパクスロビドの製造免許共有対象から除外された。韓国政府は先月、ファイザーと7万人分の経口用治療薬購入契約を結んで来年1-3月期国内導入する予定だ。

先立ってメルクは先月27日、MMPと契約して新型コロナ経口用治療薬「モルヌピラビル(molnupiravir)」製造免許を低所得105カ国に限って共有することで合意した。

パクスロビドは3日以内に服用すれば重症化の危険がある新型コロナ患者の入院や死亡リスクを89%減じ、5日以内に服用すれば85%減少させることができると伝えられた。

一方、英国は新型コロナワクチンの3次接種(ブースターショット)を40代以上に拡大すると、ガーディアンやBBC放送が報じた。英国の保健諮問グループ「ワクチン・予防接種合同委員会(JCVI)はこの日、ワクチンの3次接種を40~49歳まで拡大するよう求める勧告を出した。これまで英国は50歳以上、高危険群と医療スタッフだけにブースターショットを許可していた。JCVIはまた、1次接種だけしか済ませていない16~17歳に対して2次接種を始めなければならないとも明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP