주요 기사 바로가기

韓国、高齢化ペースは日本の2倍、年金受領額は半分

ⓒ 中央日報日本語版2021.11.15 12:01
0
韓国は日本と比較して高齢化のペースが速く、年金額は少ないという問題点が指摘された。

韓国経済研究院が世論調査機関モノリサーチに依頼した「韓国・日本高齢層年金受領実態調査」によると、過去10年間に韓国の65歳以上の高齢者人口は年平均4.2%増加し、高齢化ペースが日本(2.1%)より2倍速いことが分かった。

2020年にOECD38カ国のうち28位にすぎなかった韓国の高齢者人口比率(15.7%)は、2024年には19.2%でOECD平均(18.8%)を上回り、2045年には37.0%で日本(36.8%)を超えて、OECDで最も高齢者人口比率が高い国になる見通しだ。

韓国経済研究院によると、韓国の高齢者所得対策は日本と比較して十分でない。個人世帯基準の韓国の年金受領額は月82.2万ウォン(約8万円)と、日本(164.4万ウォン)の50.4%にすぎない。夫婦世帯の場合も韓国の月平均需給額は138.4万ウォンと、日本(272.6万ウォン)の50.8%だ。

韓国経済研究院のチュ・グァンホ経済政策室長は「韓国は高齢化ペースが非常に速く、年金所得は不足し、高齢者の貧困が憂慮される状況であり、公的・私的年金の老後生活保障機能を強化し、良質の雇用提供による所得の改善が急がれる」とし「高齢者対象の良質の民間雇用拡充のためには、派遣・期間制規制の緩和など労働市場の柔軟化と、職務・成果に基づいた賃金体系の定着が必要だ」と指摘した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP